まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松尾美子

「色の力」で、人生に癒しと変化をもたらすカラーのプロ

松尾美子(まつおよしこ)

Color winds カラーウィンズ

コラム

好きな色が変わるとき

色彩心理

2018年6月6日 / 2018年6月13日更新

まだ肌寒さが残る頃、一面に咲く菜の花を見て、気持ちが前向きになったり、小さな花を集めたミモザに心が和んだり、そんな春の黄色が好きでした。ただ、今年は、そんな風景を見てきれいだと思うけれど、昨年と同じ気持ちにはなりませんでした。

その時の心もようを知る

私たちが無意識に選ぶ色には、今のこころと体の状態が表れています。
その時々で選ぶ色は、こころがその色に惹かれる、またその時の気持ちに合っていたり、
自分を表現している色に惹かれたり、自分の心と体が求めている色であったりします。
自分のこころと体に必要な色を、無意識に選んでいるということ。

好きな色

子どものころに、親からピンクの洋服を着ると似合っているといわれ、ピンク色が好きになった、またブルーのシャツで出社すると、同僚に褒められてからブルーが好きなったなど、好きになる色は、それまでの経験したことが色を決めるともいわれています。
しかし、それだけではありません。

好きな色が変わる

好きな色が変わる時は、心に変化があったり
選んだ色の意味を知ることで、その時の自分の気持ちを知ることができたり
自分の抑えていた気持ちや感情に気づくことができます。

選ぶ色には理由がある

Color windsでは、「色の理由」や「色の効果」、「色の使い方」を、わかりやすく楽しく
今日から活かせる色彩心理をお伝えしています。

色彩心理カラーセラピスト養成講座
http://mbp-oita.com/matsuo/column/3372/

この記事を書いたプロ

松尾美子

松尾美子(まつおよしこ)

松尾美子プロのその他のコンテンツ

Share

松尾美子プロのその他のコンテンツ