まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松尾隆

家族を幸せにする住まいを提案する住宅診断のプロ

松尾隆(まつおたかし)

株式会社 まちづくりコンサルネット

コラム

ストレスを減らすトイレ! 『リカバリートイレ』の提案

トイレ 働くママ ストレスが減る 

2018年6月5日 / 2018年6月8日更新


♬~トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで、だから毎日キレイにしてたら、女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで・・・。2010年に流行った歌、植村花菜の「トイレの神様」です。今回は、トイレの別の不思議なチカラについて報告します。

■トイレ休憩で生産性アップ
2015年、職場のトイレ休憩についての調査報告書があります。それによると、個室トイレ(トイレブース)の使い方は、用足し以外には何もしない、仕事の出来を振り返る、メイク直し、ストッキング替え、ストレッチ、スマホチェック、メール、ゲーム、読書、仮眠、ボーツとしているなどさまざま。一日の使用時間合計は男女とも15分。
一人になれる個室トイレは小休止や気分転換、充電回復に最適な場所で、生産性アップだけでなく良好な人間関係を維持する役目を持つことがこの報告書から伝わってきます。(出典:マイナビウーマン 仕事中のトイレ休憩の実態)

■家で落ち着ける場所はトイレ
働く妻と夫に、家の中で一番落ち着く場所を聞いた調査レポートがあります。それによると、妻の1位はリビングで、「家族団らん」と「一人の時間」が理由。2位キッチンは「自分の聖域」、3位ベッドは「ゆったりできる」、4位トイレは「一人になれる」、5位風呂は、「一人でリラックスできる」。
一方、夫の1位もリビングで、「家族団らん・定位置」が理由。2位トイレは「一人になれる」、3位ベッドは「癒される」、4位自分の部屋は「自分の聖域」、5位風呂は「一人になれる」と報告しています。(出典:マイナビウーマン 妻が落ち着ける場所ベスト5/夫が家の中で落ち着けるランキング)

■トイレの不思議なチカラ
トイレは用を足すだけのスペースで狭く薄暗いのに、なぜ、心身をリラックスさせリフレッシュできるのでしょうか。
それはトイレの構造にあります。一人分のスペースで三方を壁に囲まれ、扉に鍵をかけると誰からも邪魔されないし、対人関係からも解放された自分一人だけの世界をつくることができます。これによって安心感が高まり、自分を取り戻すことができて、心身がリラックスできるのです。
これを心理学の専門家は「心の安全基地」と呼びます。安全基地を持った人は、ストレスの原因が取り除かれなくても、物事の捉え方を変えられなくても、ストレスを発散できなくても、ストレスは減少するといいます。つまり、トイレにはストレスを減らしてくれる女神様がいるのです。

■ストレス弱者をトイレが救う!? 
人の性格を大別すると、人と会うと元気になる外向派、人と付き合うのが苦手で一人になると元気になる内向派、その中間派の3つになります。したがって、それぞれの安全基地の捉え方やその中でするコトを考えると、トイレの構造も外向派、中間派、内向派によって異なります。
精神科医によれば、うつ病になりやすい人の特徴は生真面目、完全主義、凝り性、責任感強い、周囲の目が気になる、感情表現が苦手、八方美人だといいます。(出典:精神科医200人にきいたうつ病の症状になりやすい性格)
ストレスに弱い人とは、内向派と中間派の「従順」と「完璧」のタイプで、仕事と家庭の両立に不安を持つ「働くママ」となります。ということは、ストレスを減らせるトイレは、働くママを救えることになります。
では、働くママのストレスを減らせるトイレとは、どのように作ればいいのでしょうか。

■心理学専門家による対処法
仕事と家庭の両立に対する不安を克服して働くママを続ける方法について、心理学の専門家は、難しい問題だが不安から逃げない・振り回されないことで解決できるといいます。
先ずは意識して不安を受け止めること、次は、なぜ不安を抱えても働くママを続けねばならないのかを意識して考えること。そうすると、脳の中に新たな神経経路が開発され、精神的なキャパシティが広がり、不安はなくなる。不安を受け止める方法は、不安を声に出してみることだといいます。(出典:ニューズウィーク日本版 内向型人間が自覚すべきストレスを感じる10のポイント)



■『リカバリ-トイレ』の提案です!
『リカバリートイレ』とは、ストレスを減らすことで心身を回復させるトイレの総称で、心理学の「愛着理論・安全基地」を応用して設計したものとします。ただし、この名称は松尾の造語で、一般的ではありません。以下に、「松尾式リカバリートイレ」の概要を説明します。

●松尾式リカバリートイレの概要
(1)対象は従順・完璧タイプの働くママ

(2)トイレの中でする不安克服の行動
ステップ1:心身を落ち着かせることに集中する
ステップ2:周囲を気にせずに、「仕事に出るのが怖い!このままでは家庭も仕事もダメになりそう!」などと、不安を何度も声にして出す
ステップ3:働くママを続ける理由を考える

(3)トイレの構造の例
・面積は1.8m×0.9m程度で、閉鎖的空間
・防音効果がある床、壁、天井、ドアー
・遮光ブラインド付の高窓
・デザインワードは静寂、シック、クールシンプル
・手洗い器、紙巻き、掃除道具を隠して生活感を失くす
・長時間座っても疲れない便器
・位置は家族室の近くでプライバシーが確保できる所

■リカバリートイレの期待効果
ストレス克服がなかなかうまくいかなくても大丈夫です。チャレンジするママの行動は、共感し合う・協力しあう・小さな進歩に喜びあう・互いの価値観や生活スタイルを認めあうという本来の家族関係を取り戻していくはずです。不安をコントロールすることは、これからの不確定時代を生き抜くパワーになります。
心落ち着ける空間でストレスが減ると、自分だけでなく家族や職場の人にも優しくなり、逆に気持ちが落ち着かない空間にいると、厳しく接するようになるといいます。
働くあなたのストレスを減らす『リカバリートイレ』を知りたいと思いませんか。

間取り診断

『目標とする暮らしが見える住まいのスマイル診断』を受けてみませんか?
興味がある方はこちらをごらんください。
間取り診断について

この記事を書いたプロ

松尾隆

松尾隆(まつおたかし)

松尾隆プロのその他のコンテンツ

Share

松尾隆プロのその他のコンテンツ