まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松尾隆

家族を幸せにする住まいを提案する住宅診断のプロ

松尾隆(まつおたかし)

株式会社 まちづくりコンサルネット

コラム

間取り診断の近況例 

家 成功 ノウハウ

2017年10月10日


最近の間取り診断の例をひとつ紹介します。
開放的な平屋の暮らしが理想という相談者。「候補地の変形土地に、はめ込もうとするがうまくいきません。何かいい方法はありませんか?」という内容でした。
居住スペース、駐車スペース、子供の遊び場兼庭と法的制限を考えあわせると、物理的な広さが足りない。この候補地に建てるなら、一部2階の暮らしに変えないと無理。平屋の暮らしにこだわるなら、別の敷地を探すことなどをアドバイス。

近頃、「料理や片付けなどの家事は、妻より私の方が上手かもしれませんネ」という旦那さんが増えたように思います。家事が苦手な働くママは、一度、旦那さまにお願いしたらどうでしょう。これでうまくいっている夫婦も、チラホラ見かけるようになりました。
でも、片付けは配慮がいります。物を置かないスッキリ感よりも、雑然とした雰囲気が心休まるという働くママは多くいます。何でも過ぎるとストレスの原因になります。

悩みの段階もテーマも深さも、人によってさまざまです。間取り相談では解決することよりも、悩みや問題を聞くだけで終わってしまう場合があります。得するヒントを少しでも多くゲットしたいなら、冷静に意見を聞ける夫婦同伴、つまり四つの耳と二つの目と口での相談がお薦めです。

間取り診断

『目標とする暮らしが見える住まいのスマイル診断』を受けてみませんか?
興味がある方はこちらをごらんください。
間取り診断について

この記事を書いたプロ

松尾隆

松尾隆(まつおたかし)

松尾隆プロのその他のコンテンツ

Share

松尾隆プロのその他のコンテンツ