まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松尾隆

家族を幸せにする住まいを提案する住宅診断のプロ

松尾隆(まつおたかし)

株式会社 まちづくりコンサルネット

コラム

家づくり情報大分 「人が先、間取りは後!」 第16回 「話を聞くパパに、変える技?」

間取り相談 夫婦 コミュニケーション 

2016年2月6日 / 2016年7月16日更新


2015年の3月から始めた『住まいのスマイル診断セミナー』では、様々な相談が子育てママから持ち込まれます。その中でも、「パパが話を聞いてくれない!」という不満の声が多く、家事と育児に孤軍奮闘するママと向き合うパパが予想以上に少ないことに驚かされます。
聞いてくれる要素は、「話の内容」「タイミング」「雰囲気」の3つ。各要素はコミュニケーションに対する男女の違いだけでなく、パパの性格によっても異なります。とにかく「何を話したいのかなぁ?」と思わせることです。

『気軽な話の内容』を性格別に分けると、「にぎやか派」にはグルメ、スポーツ、催物などの楽しい話題。「おだやか派」は 家事や趣味などの凄技、「それぞれ派」には軽い相談事がいいでしょう。深刻な話の『タイミング』は予約が基本ですが、日常会話でも、パパが寛ぎ始めた時は避けて、少し待ちましょう。仕事を忘れ心身を休めるのが「寛ぎ」ですから、邪魔しないことが賢明です。

『雰囲気』の役割は、パパをリラックスさせて、それとなく話したいオーラを伝えることです。

※「話を聞くパパに変える」住まい改善チェック(おだやか派・堅実パパの場合)
☑LDKから見える場所に、パパ専用のスペースがありますか?
☑パパ専用スペースは、セミオープンになっていますか?
☑パパ専用スペースは、丈夫で風格あるインテリアになっていますか?
☑食卓にパパの定席がありますか?
☑LDKに、ひと目でわかる家族のスケジュール表がありますか?

人の性格は変えられませんが、住まい改善で「会話しやすく」することはできます。住まいには、家庭や家族の問題を未然に防いだり、和らげたりする「家の力」があると、僕は信じています。

間取り診断

『目標とする暮らしが見える住まいのスマイル診断』を受けてみませんか?
興味がある方はこちらをごらんください。
間取り診断について

この記事を書いたプロ

松尾隆

松尾隆(まつおたかし)

松尾隆プロのその他のコンテンツ

Share

松尾隆プロのその他のコンテンツ