まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松尾隆

家族を幸せにする住まいを提案する住宅診断のプロ

松尾隆(まつおたかし)

株式会社 まちづくりコンサルネット

松尾隆プロのコラム一覧

1.マイホームは苦労の始まり“もったいないつくり方”で、家を建てようとしていませんか?身内でよく聞く話。「教育費と住宅ローンで余裕なし、自分の時間がない。うちはすれ違い家族!」と嘆く姉。「子供部屋は物置、2階の寝室は不便。ローンが終わっても維持費はかかる!」と二人暮らし...

♬~トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで、だから毎日キレイにしてたら、女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで・・・。2010年に流行った歌、植村花菜の「トイレの神様」です。今回は、トイレの別の不思議なチカラについて報告します。■トイレ休憩で生産性アップ2015年、...

基本設計の詰めの段階になっても、「プランに納得がいかない!」という人は大勢います。その原因は、プラン作成の進め方にあります。では、納得できる進め方とは何でしょうか? 先ずは、「やってみたいこと」、「実現したいこと」をすべて、無条件で、じっくりと設計担当者に聴いてもらうこ...

近頃、都市部を中心に総二階建てで、建物に凹凸がなくスッキリとしたボックス型住宅が増えています。■増えている理由7m×7m×7mの立方体に、定番間取りを組み込んだボックス型住宅の特徴を挙げてみました。 ・外観はガリバリウム鋼板の立方体、シンプルモダン ・プライバージ重視のファ...

間取りのスマイル診断を通じて、「危ないなあ!」と思うときがあります。それは、「家を建てるリスクや新居での暮らし方を夫婦で考えていない」と、気づいた時です。今回は、マイホームを建てるリスクについて報告します。■人は家を建てたくなるもの!「家を建てたい!」と思うようになると...

2015年1月号の新連載コラム「人が先、間取りは後」に書き始めて、今年2018年の5月号で、31回目を迎えることができました。これまで読んでもらった皆さん、㈱エルエルアイ出版の編集長の村上雄策氏、最初に手伝ってくれた公認会計士の染谷尭志氏、支えてくれた妻に、「本当にありがとう!...

「家を建てる時、夫婦の意見が合わずに大変苦労しました」という話を聞いたことがありませんか?業者を決めなければいけないのに夫婦の意見がまとまらない。目指す暮らしや建てたい住宅のイメージがかみ合わない。モデルハウスの見方が違う。「ママ主導」で進めてほしい多忙なパパなど。今回...

小学生になった我が子から、「なぜ、勉強しないといけないの?」と、真顔で尋ねられたら、何とこたえますか?■素晴らしすぎる回答出典: https://conobie.jp/article/3198 「コノビー なぜ勉強するのへの質問への・・・」をご覧ください。4万件近くのツイートやお気に入り登録がされた「...

■LDKの広さは生活の要LDKとはリビング・ダイニング・キッチンの総称です。家族が集まり、ともに過ごす大切な場所がLDK。料理して食べる、団らん、くつろぐ、娯楽するなど様々な過ごし方をするところ。だから、LDKの広さは重要な要素のひとつです。今回は初心者でも使える「自分に合...

■思春期のLDKマイホームに入居後、4~5年で始まる子どもの思春期は、親子の正念場のひとつです。挨拶や返事をしない、服装が乱れる、大きな音を出す、部屋にこもる、母親に暴言を吐く。優しかった子供がなぜこうなるのか、どうすればよいかがわからず、「反抗期の子どもに疲れた」という親...

■働くママの罪悪感  保育園での大泣き、攻撃的になる、家に帰るとべったり行動など、母親が子どもと接する時間が不足すると、愛情不足になるのではと心配する働くママは少なくありません。特に、専業主婦のお母さんのもとで育ったママにとっては、子供とずっと居られないことが「引け目」に...

■間取り診断の現場からいざ、住宅プランを始めてみると「間取りに納得がいかない!」というケースが少なくありません。そんな方のために「間取り診断」を行っています。結果、他社が作った間取りを見る機会が多く、そのたびに、いつも不思議に思うことがあります。今回はリビングの不思議を紹介...

■幸福度が高い人  食習慣と食環境の調査(イケア・ジャパン)で、「食事を楽しむ人ほど、生活幸福度が高い」と報告されています。「食べている時が一番幸せ」という人も少なくありませんが、どんな時でも、何を食べても食事が楽しいとは限りませんね。楽しい時もあれば楽しくない時もあるはず...

■思いやりは台所で育つ我が家は、外階段で上がった2階に玄関、LDK、夫婦室。キッチンを通り抜け、内階段で1階に降りると子ども部屋、トイレ、洗面、浴室があります。お腹をすかして帰ってきた子供たちのために、外階段を上がる音や「ただいまー」という声を聴いてから、妻はいつも、料理...

■人を呼べない理由新築や引越し祝い、誕生会、クリスマス会など、親しい仲間を招いたホームパーティを開く人が増えています。その理由は、暮らしぶりを見せることで親近感が増すこと、外部施設より安上がりでリラックスできること、子どもも一緒なので、時間を気にせず過ごせること、何より、人...

松尾隆プロのその他のコンテンツ

Share

松尾隆プロのその他のコンテンツ