マイベストプロ大分

コラム

パソコン教室で、働き方が変わっても成果を出せる人になる!

2020年8月21日 公開 / 2020年9月25日更新

テーマ:働き方改革

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 働き方改革パソコントラブル

パソコン教室で、働き方が変わっても成果を出せる人になる!
★テレワークは、今後ますます広がっていく
 なかなか終息の見えない新型コロナウィルス。飲食店が大きな打撃を受けていることはもちろんのこと、我々のような実店舗を持つ業態には厳しい状況が続いています。

 新型コロナウィルスは人への健康被害の他に経済的なダメージを与える難い相手であることは間違いありませんが、新型コロナウィルスのおかげで良くなったこともあります。

 その良くなったことの一つが、テレワークの浸透。

パソコン教室で、働き方が変わっても成果を出せる人になる!
 業態によってテレワークが出来ないものもは別として、新型コロナウィルスの影響で人が密集する場を避けるといった制限がかかったことにより、各企業では出社しなくても仕事を行うためにテレワークの導入を進めました。

 もともと欧米諸国に比べテレワークの導入が遅れていた日本では、新型コロナウィルスの影響で急遽テレワークを導入した企業も多く、システム的な問題や運用方法、仕事の進め方などで結果的に生産性が落ちてしまったという例もあります。

 ただ、新型コロナウィルスの流行以前からしっかりとテレワークに向けて準備を進めていた企業、テレワークの導入に際し今までのやり方を見直し最適化した企業では生産性が上がっているという例もたくさんあります。

 また、生産性以外にも会社にとってはテレワークが浸透することで広いオフィスを確保する必要がなくなり、家賃などの固定費を抑えることが出来ますし、子どもの世話や介護などでフルタイムで働けなかった人たちの力を活用することが出来るようになります。

 さらに従業員にとっては通勤時間が不要になるため、その分時間を有効に活用できるほか、体力的にも余裕が出てきます。

 もちろん良い事ばかりではありませんが、新型コロナウィルスを契機に浸透したテレワークは新型コロナウィルスの流行前とは比べ物にならないほど普及していくことは間違いのないところだと思います。

スタディPCネット大分高城校にメールで問い合わせる

★テレワーク拡大に必要な従業員のITスキル
 今後さらに広がっていくテレワークですが、テレワークでスムーズに業務を行っていくためには、自宅のインターネットやパソコンなどハード面の環境整備を行っていくことの他にも重要なことがあります。

 それは、従業員のITスキルです。

 ITスキルと言っても情報処理技術者が有しているような専門的な知識を持つような必要はありませんが、インターネットとパソコンを使って仕事をする以上、最低限の知識は有していないとテレワークは成り立ちません。

 例えば、ZOOMを使ったオンライン会議ではZOOMの使い方はもちろんのこと、「音声が聞こえない」、「画像が表示されない」といったトラブルが発生するケースもあります。

 その時に、対応の仕方をまったく知らなければトラブルが解決せずに時間だけが過ぎてしまうといったことになりかねません。

パソコン教室で、働き方が変わっても成果を出せる人になる!
 ワードやエクセルを使った資料作成などでは、、作った資料をグループで共有する必要も出てきます。

 管理のやり方は各社それぞれですが、作成した資料の共有のやり方を理解しておかないと、仕事を進めることは出来ません。嘘のような本当の話しですが、「自宅で資料を作ったのだけれどもパソコンのメールの使い方が分からなかったので、携帯で写メを撮って資料を送った」なんて例もあったりします。

 また、ネット環境のトラブルが発生するケースも考えられます。

 急にインターネットがつながらなくなった場合に、「なにを調べて、どう対処すればよいのか」、「緊急時に備えて、携帯を使ってネット接続(デザリング)する方法」などを予めしっておかないと、結局のところトラブルだらけでテレワークでだと仕事が進まないといった事態にもなりかねません。

 そもそも、テレワークをするのにワードやエクセルの基本操作、ウェブブラウザの基本操作も知らないなんて人も現実にはいたりします。職場にいる際は、部下や後輩になんでもかんでも実作業を任せることでその場をしのいでいましたが、テレワークだとちょっと部下を捕まえて「あれやっとけ!」なんてことは言えませんし、そんなことをやっているようではテレワークで仕事の生産性もあがりません。

 テレワークでスムーズに業務を遂行していくためには、従業員一人一人が最低限のIT知識やスキルを身につけておく必要があります。

スタディPCネット大分高城校にメールで問い合わせる

★最低限のITスキルを身につけるためにすべきことは?
 では、テレワークが浸透するなか、ITスキルに自信のない人はどうすれば良いのでしょうか?

 結論から言うと、「今すぐパソコン教室に通いましょう」です。

 「今さら」とか「自分で勉強すれば何とかなる」なんて思っている人もいらっしゃると思いますが、何もしなければ取り残されていくだけですし、自分で勉強すればなんて言ってもほぼ確実にしませんから。

 そもそも、自分で勉強すればなんとかなるのなら、なぜ今までしなかったのでしょうか?

 必要がなかったのか、それとも逃げてきたのか?

 いずれにせよ、自分で勉強すれば何とかなるような人であれば、既に自分で勉強してやっています。

 特に40代以上の年代の方で、これまでパソコンに殆ど触れることなく来ていた人は、そもそも自分で勉強をすると言っても何から始めればよいのかも分からないといったケースが殆です。仮に、何かしらのテキストを見つけて勉強を始めても、書いていることが分からないとなってしまい、結局途中であきらめてしまい何も身につかなかったとなるのが関の山なのです。

 パソコン教室は「高い!」と思っている方も多いかもしれませんが、効率よく学ぶことで短期間でスキルアップ出来ることを考えれば、時間を無駄にしないという意味では「安い買い物です」。
 また、最近ではスタディPCネット大分高城校の様に、月謝制で通える教室も増えてきました。月謝制なら、月々10,000円以下でも通えるので、スポーツクラブ的な感覚で継続して学び続けることも可能です。

パソコン教室で、働き方が変わっても成果を出せる人になる!
 テレワークなど働く環境が大きく変化していく中、新しい働き方に対応できなければ給料が下がるだけではなく、場合によってはリストラ対象となるケースさえ十分に考えられます。

 逆にテレワークでも生産性を上げ成果を出せる人ならば、テレワークをうまく活用しながら給料を上げ、会社からも必要とされる人となります。

 働き方が変わって「生産性が落ちる人」、「成果を上げられない人」とならないために、パソコン教室に通ってしっかりとたスキルを身につけるために月々お金を使うことは、あなたの生活を豊かにするための大切な投資だと考えてみてはいかがでしょうか?

★スタディPCネット大分高城校なら出来る人になれる!
 スタディPCネット大分高城校では、ただ単にパソコンの使い方を教えるのではなく、実際の仕事での活用場面などを想定してレクチャーをポイント、ポイントでお伝えするように心がけています。

 また、ワードやエクセルなどのレッスンの他にも、最近はやりのZOOM(ズーム)の使い方、ホームページの作成方法、プレゼン資料の作り方、様々なトラブル発生時の対応方法まで、テレワークで必要となる総合的なITスキルを学ぶことが出来ます。

 転職、就職を目指している方向けにはマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格取得講座なども開設。機能を覚えるのではなく理解することに主眼をおいた指導で、2020年8月20日現在、当校の本講座受講者のMOS合格率は100%となっています。

 料金の方は、各月の契約受講回数に応じた月謝制となっており、月4回(各回60分)で6,600円からとリーズナブル。月謝以外に教室維持費などの費用も発生しない明朗会計となっています(受講コースに応じたテキスト代は別途必要)。

 しかも、各月余ったチケットの繰越し制度、月の途中で契約受講回数を見直し出来るグレードアップ制度などがあるので、月謝を無駄にすることなくレッスンを受け続けることが可能となっています。

 また、なんといってもスタディPCネット大分高城校が他のパソコン教室と大きく違うのは、生徒さん一人一人のレベルや目標に合わせてレッスンを進めていく完全個別指導制をとっていること。

 生徒さんの目標を意識しながら、分からないところをしっかりとサポートしレッスンを進めることで、より実践的な力が付いていきます。

 スタディPCネット大分高城校の願いは、来校してくださる生徒さんが当校で学んだこと活かし豊かな人生を手に入れること。一人でも多くの方の豊かな人生に関われたら嬉しいなと思いながら、みなさまのお越しをお持ちしております。

スタディPCネット大分高城校にメールで問い合わせる

情報発信中| スタディPCネット大分高城校のホームページ

https://www.studypc-oita-takajo.com/

この記事を書いたプロ

草野達也

パソコンに関する問題解決や学びをサポートするプロ

草野達也(スタディPCネット大分高城校)

Share

関連するコラム

草野達也プロのコンテンツ