マイベストプロ大分

コラム

ロボットプログラミング教室のお問合せ増加中です!

2020年7月22日 公開 / 2020年8月9日更新

テーマ:プログラミング

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: プログラミング教育

今年は新型コロナウィルスの影響もあり、春先の新規入会が少なかったヒューマンアカデミーのロボットプログラミング教室。

教室としては秋の新規入会に向けて体制を整えるべく準備をしており、7月、8月の無料体験会は特に設定せずに運営をおこなっていましたが、本格的な夏の到来を前に問い合わせ、新規入会が増えてきました。

ロボットプログラミング教室のお問合せ増加中です!
新型コロナウィルスの影響で授業時間も足りず、子どもたちの夏休みも短縮される事態となっていますが、そんな時だからこそプログラミングを学び普遍的な力をつけることが大切だと考えている親御さんも多くいらっしゃり、問い合わせ、新規入会が増えてきているようです。


知らない人がみると一見ブロックでロボットを作って、なんか動かして遊んでいるようにも見えるロボットプログラミング教室ですが、頭と手を動かしながらロボットやプログラムを作ったり改造したりする行為は、子どもたちに自ら考え学ぶ力をつけていきます。

また子どもたちは自分の作ったロボットがうまく動くと、誰かにそのことを伝えたくなるもの。完成したロボットを講師である私たちや、迎えに来た親御さんたちに見せて「ここにこれを付けた!」、「このロボットはこんな仕組みで動くんだよ!」、「ロボットがフラフラしないように改造した!」なんてことを言いながら説明をしてくれます。この行為はまさに、自分の言いたいことを相手に的確に伝える訓練となっています。

ロボットプログラミング教室のお問合せ増加中です!
子どもたちに豊富な知識を身につけさせることも大事ですが、それだけに偏ってしまうと個人的には問題だと思っています。

知識を活用し新しい事を創造する力、何かをやる際にはその先の展開をイメージししっかりと事前準備をしておく力が先々どんな仕事につくのであれ、これからは大切になってくると思います。

ロボットプログラミング教室のお問合せ増加中です!
現在、お問い合わせが増加中のロボットプログラミング教室ですが、スタディPCネット大分高城校では、ただ単にカリキュラムを消化するのではなく、子どもたちが創造力をより引き出せるよう教室になるように努力を続けていきたいと思う今日この頃です。

スタディPCネット大分高城校ロボットプログラミング教室

情報発信中| スタディPCネット大分高城校のホームページ

https://www.studypc-oita-takajo.com/

この記事を書いたプロ

草野達也

パソコンに関する問題解決や学びをサポートするプロ

草野達也(スタディPCネット大分高城校)

Share

関連するコラム

草野達也プロのコンテンツ