まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
小林弘幸

年金・相続に強いファイナンシャルプラン設計のプロ

小林弘幸(こばやしひろゆき)

小林FPコンサルティング事務所

コラム

【年金受給開始70歳超えも】新聞記事の見出しで誤解しないでください!

年金増額プラン

2018年1月17日

新聞記事の見出しで誤解しないでください! 




今朝、某新聞を手に取ったら
第1面にこんな記事がデカデカと載っていました

これを見た、年金制度をよく知らない人は
どう思うでしょうか?

「自分の年金は65歳から受け取れないのだろうか?」
「やっぱり年金は信用できない、政府も信用できない」
「60歳で退職したら、年金もらえるまで10年もあるなんてとんでもない」
「老後迎えるまでに年金制度は崩壊するんじゃあ」

いろんなことを思い、
不安がる方も多いと思います

しかし、安心してください

現在の年金制度では
65歳になればちゃんともらえます
それは変わりません

また、60歳から年金をもらうこともできます
これを<繰上げ受給>と言いますが、
これも変わりません

この繰上げ受給は、もらう年金額が減るので
本当はお勧めできませんが、
いつまで長生きできるかわからないからと、
繰上げ受給をしている方が多いのが現実です

逆に、65歳以降も現役並みに働くから
年金はまだもらわなくていい
と思っている方もいます

現行制度では、65歳から70歳まで
年金の受給を遅らせることも可能です
これを<繰り下げ受給>と言います

60歳から前倒しでもらうと
年金額が一月当たり0.5%少なくなりますが、
70歳まで遅らせると、
一月当たり0.7%多くなります

具体的に計算してみましょう 


一番早い60歳から繰上げ受給をした場合、
60ケ月×0.5%=30%
3割も年金額が少なくなります

しかも、一旦繰上げ受給をしてしまったら
もう元には戻せません
一生涯、3割引きの年金額になってしまいます

では、一番遅い70歳まで
繰り下げた時の受給額を見てみましょう
60ケ月×0.7%=42%
年金額が4割2分も多くなります

平成29年度の老齢基礎年金は
779,300円(満額)です

計算しやすいように
78万円にしておきます

普通に65歳からもらった方は、年78万円です
月にして6万5千円です

60歳から繰上げ受給した方は、
30%少ないので、年54万円です
月にして4万5千円です

70歳まで繰り下げてから受給した場合は、
110万円です
月にして9万2千円です

夫婦の方のために、2倍にしてみます
60歳~ 月  9万円
65歳~ 月 13万円
70歳~ 月 18万円

もちろん厚生年金がある方は、
この金額に老齢厚生年金がプラスされます

また、厚生年金も繰り下げできますので、
ダブルですごい増額効果があります

新聞記事の内容は、どういうことだったのか? 


新聞記事の内容は、
現在70歳まで繰り下げ受給できる制度を
70歳以降も繰り下げてもいいように
年金制度を改正するというお話です

みなさんの年金受給開始年齢を
70歳にするというお話ではありません

わたしの考えとしては、
長く働くことで、労働収入を得ながら、
年金を増やすこともできる
まさに最強の年金増額プランだと思っています

肝心の検討内容は、現在70歳までの引き下げを
75歳~80歳までに改正する方針らしいですので、

繰下げ受給の月0.7%増える率をそのままにするのか、
もっと増やすのか、どんな改正になるのか今から楽しみです

保険料の元本に対して266%の年金増額プランとは 


ちなみに、75歳まで繰下げをして、
月0.7%が変わらないとすると、
75歳から受給する年金額は、
84%増えることになりますので、
年78万円から、年143万円になります

基礎年金の保険料が16,800円とした場合、
最大40年(480ケ月)の満額を掛けた場合、
払込み総額806万円
それを回収するのに、75歳から5年半生きれば
元本は回収したことになります

たとえば、90歳まで生きた場合、
受給総額2,145万円になり
元本に対する戻り率は、266%にもなります

基礎年金だけでこの数字ですので、
これに厚生年金も繰下げをした場合、
どんなことになるのでしょう?
びっくりする金額になることは想像に難くないですよね

年金は、もらう額が決まってしまうと
あとは変更が効きません

60歳以降の働き方によっては
対策が変わってきます

これからの将来にかけて
貯蓄をしっかりしていきたいと思っている方は
まずは年金の受給額を把握してからにしてください

年金の受給額を把握したい方は、
お気軽にご相談下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FPへの相談は初めての方でも、どうぞご安心ください!
何を聞いていいのかわからない場合や、そもそも何が問題なのかわからない場合もあります。
初回面談は無料ですので、気を張らずに何でもお話しください。
ご相談の流れはこちら

この記事を書いたプロ

小林弘幸

小林弘幸(こばやしひろゆき)

小林弘幸プロのその他のコンテンツ

Share