まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
小林弘幸

年金・相続に強いファイナンシャルプラン設計のプロ

小林弘幸(こばやしひろゆき)

小林FPコンサルティング事務所

コラム

教育資金をつみたてNISAで準備することについて

教育資金

2018年1月5日 / 2018年1月6日更新



今年から新しく始まった『つみたてNISA』って知ってますか?

今までNISA口座を開設していた方は、
その金融機関から案内が届いているはずなので、
何度か目にしたことがあるかと思います

しかしNISA口座を開設していても
一度も利用したことのない方が4割ほどいますので、
どうせまだ使ってないからと、
つみたてNISAの口座開設をしていないままの方も
多いのではないかと思います

つみたてNISAは、NISAとは違いますので、
口座を開設しないと利用できません

ですので、
まだつみたてNISAの口座を開設していない方は
早くお手続きをすることをお勧めします

投資未経験者の方に、
なぜ投資をしないのか?と
尋ねると、決まって、
まだ資金が貯まっていないからという答えが返ってきます

つみたてNISAは、
まだ資金が貯まっていなくても、
少額から投資を始められる
とてもよい制度なので、
特に20代、30代の投資未経験者の方は
まずやってみることを勧めたいです

スポーツでも、楽器でも、やってみないことには、
自分ができるのかどうか、
向いているのかどうか、
楽しいのかどうか、
なんてわかりませんよね

投資も、それと同じです
まずやってみて、
それから判断すればよいのです
向いていなければやめればいいのです

今回のコラムの中身は、
つみたてNISAを教育資金を準備することに使おう
というご提案です

大切な教育資金を
損をするかもしれないような
投機のようなことに使えるか!
という言葉が、喉まで出かかった方も
いるかもしれませんが、

間違えてはいけません

つみたてNISAは
リスクが大きな投機目的のような制度では
決してありません

毎年40万円までの少額の資金を
長期的に投資することで、
積立額が減少するようなリスクを
極力回避できるように考えられた制度です

長期にわたって投資するからこそ
リスクをより小さくすることができるのです

また、長期に投資することで、
複利効果が大きくなるため、
元本が増えやすくもなります

前のコラムで、
教育資金の柱は児童手当が基本
というお話を書きましたが、

少し前までは、
学資保険ニーズとして
低解約返戻金型終身保険という商品が
よく売れていました

この商品は、たとえば1万円づつ
18年間保険料を払っていくと
18年後には、元本の216万円が、
120%になって戻ってくるといった
非常に貯蓄性の高い魅力のある商品でした

しかし、日銀のゼロ金利政策以後は、
保険会社各社が販売停止にしてきました

そこで、お勧めしたいのが、
つみたてNISAを使った方法です

しかも、投資初心者の方が多い20代、30代の方が、
はじめて投資の勉強をする機会としては、
とても小さいリスクで始められます

たとえば毎月1万円、年間12万円を
子供が18歳になるまで
つみたてNISAで投資するとします
総額は216万円になります

もし金利1%の福利で運用できたとすれば
216万円の元本は、235万円になり、

金利2%の時は、256万円
金利3%の時で、280万円
これだけの効果が得られます

しかも、現金化した場合の
売却益は非課税です

NISA、ジュニアNISAの制度も検討できますが、
非課税期間は5年間だけです

その点、つみたてNISAは
20年間という長期間にわたって投資できますので、
少しづつ投資の勉強をするつもりで
はじめたらよいのです

よりリスクを回避したい方は
夫婦のそれぞれにつみたてNISAの口座を開設して、
資金を半分づつにして
違う商品を購入することも可能です

また、さらに大きく資金を増やしたい場合は、
年間40万円の上限いっぱいまで投資することも可能ですし、
夫婦合わせて年間40万円づつ
年間合計80万円を投資することも可能です

つみたてNISAは、
毎月少しづつ、長い期間かけて
投資をすることで、
効果が大きくなるので

教育資金を少しづつ貯めながら
同時に投資に対して勉強をする機会を増やせます
一考の価値はあると思いますよ

大きく増やすコツは、商品選びにかかっていますが、
もし値段が下がってしまっても、
焦ってすぐに現金化しないことです
値段が下がった時こそが、
つみたてNISAの特長を大きく生かせるチャンスになります

もっと詳しいお話が聞きたい方は、
お気軽にお問合せ下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FPへの相談は初めての方でも、どうぞご安心ください!
何を聞いていいのかわからない場合や、そもそも何が問題なのかわからない場合もあります。
初回面談は無料ですので、気を張らずに何でもお話しください。
ご相談の流れはこちら

この記事を書いたプロ

小林弘幸

小林弘幸(こばやしひろゆき)

小林弘幸プロのその他のコンテンツ

Share

小林弘幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-02-07
instagram
Instagram
facebook
Facebook