マイベストプロ大分
和田哲治

法人設立事務のプロ

和田哲治(わだてつじ) / 行政書士

和田行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-783-844

コラム

相続時精算課税制度

2019年4月13日 公開 / 2019年8月6日更新

テーマ:相続

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 相続 手続き

高齢化社会の進展等を考慮し、財産を次の世代へ円滑に移転させるという趣旨で、

相続税・贈与税一体化の「相続時精算課税制度」が創設されました。

贈与税は、立案の考え方で、相続税を補う目的を持つ税であると説明されてきました。

本来、被相続人(死んだ人)の相続財産になるべき資産が、生前に相続人等へ贈与されてしまえば、

相続時の課税の問題は消えてしまいます。

生前贈与などの財産移転時にひとまず贈与税を課税しておこうという趣旨でした。

相続税・贈与税の一体化措置として、相続時の相続税において生前贈与分を精算することを

前提にして2500万円という大幅な非課税枠が創設されました。

【今日のポイント】

対象者1.贈与をする人は60歳以上の者(父母や祖父母など)

   2.もらう人は20歳以上で、かつ、贈与をする人の直系卑属(子や孫など)である推定相続人及び孫

この記事を書いたプロ

和田哲治

法人設立事務のプロ

和田哲治(和田行政書士事務所)

Share
関連するコラム

和田哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-783-844

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

和田哲治

和田行政書士事務所

担当和田哲治(わだてつじ)

地図・アクセス

和田哲治のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-03-14
rss
ブログ
2020-03-14
youtube
YouTube
2012-12-21
facebook
Facebook

和田哲治プロのコンテンツ