まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
和田哲治

法人設立事務のプロ

和田哲治(わだてつじ)

和田行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-783-844

コラム

遠方の相手方へのお金の請求の仕方

債権回収

2016年12月29日 / 2018年9月18日更新

前に「内容証明郵便の作り方」を解説したのですが、それに関連して今日は遠方の

相手方へのお金の請求の仕方について説明します。

まず、配達証明付きで内容証明郵便を送り、それでも応答や支払いがない場合は、

お金を請求する人(債権者)の住所を管轄する簡易裁判所(請求金額140万円以内)

又は地方裁判所で通常訴訟を起こしましょう。相手方が遠方なので、裁判所に来ない

欠席裁判になる可能性が高く、相手が来なければ訴訟は1回で終わります。また、

債権者に有利な判決を得られる可能性が高いです。

そして、その判決が債務名義(強制執行(財産差し押さえ等)ができる権利証の

ようなもの)になるので、相手方へ強制執行ができるようになります。

【今日のポイント】

遠方の相手方へのお金の請求は、まず、配達証明付き内容証明郵便を送付して相手の

反応を見て、音沙汰がなければ、通常訴訟を起こしましょう。

この記事を書いたプロ

和田哲治

和田哲治(わだてつじ)

和田哲治プロのその他のコンテンツ

Share

和田哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-783-844

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

和田哲治

和田行政書士事務所

担当和田哲治(わだてつじ)

地図・アクセス

和田哲治のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
rss
ブログ
2018-09-18
youtube
YouTube
2012-12-21
facebook
Facebook

和田哲治のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-22
rss
ブログ
2018-09-18
youtube
YouTube
2012-12-21
facebook
Facebook

和田哲治プロのその他のコンテンツ