マイベストプロ大分
堀寿弘

ITで事業の効率化をサポートする中小企業診断のプロ

堀寿弘(ほりとしひろ) / 中小企業診断士

ほり中小企業診断士事務所

コラム

インターネットが遅くて表示されない時は?

2020年2月13日

テーマ:日記

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: ITマネジメント



先日、とある先輩診断士事務所の方から、「JimdoでHPが更新できなくなった」との連絡があり、対応することがありました。
久しぶりにネットワークの設定に関するお仕事だったので、記録しておきたいと思います。

Jimdoの障害でなければネットワーク


最初に連絡があった時、まずチェックしたのはJimdoの障害情報。ここでサーバーの不具合等の障害情報があれば、それが原因である可能性が高くなるわけですが、該当するような情報はなし。ちなみにJimdoの障害情報はこちらのページから確認できます。

実際に自分が管理しているJimdoサイトでも障害と思われる事象はなかったので、念のための確認に近いです。

次に疑ったのがネットワークの通信速度の問題。

実際に事務所のパソコンでJimdoにアクセスしてみると、ページの読み込みが遅く、ログインボタンや管理メニューへのリンク等の一部のパーツが正常に表示されない時がある、というような状態だったので、ネットワークの問題とほぼ 確信しました。

ネットワーク機器の通信速度に要注意


先輩診断士先生の話では、「インターネットは光にしているから早いはず」ということだったので、まずは某通信会社に問合せをして回線状況を確認。特に問題ないとのことでした。

それから、LANケーブルを変えてみたりしましたが、最終的に通信速度の改善ができたのは、ルーターとハブの交換をしてからでした。
※LANケーブルの選び方はこちらのページがおすすめです。




よくよくルーターやハブの対応している通信速度を調べてみると「100Mbps」。インターネット回線は1Gbps対応とのことだったので、これらのルーターやハブがボトルネックになっていたのでした。

それがわかったので電器屋さんに行ってルーターとハブを探しましたが、一般向けの電気屋さんにはハブはなかった・・・。仕方ないので無線LANルーターと中継器を使ってつなぐような形にしてみました。

結果、プリンターの接続設定等で少し手間取ってしまいましたが、無事解決となりました。

今回の教訓


『光インターネットを導入しているのにインターネットの通信速度が遅い場合、社内(宅内)LANの通信機器を要チェック!』ということです。

意外と古いルーターやハブ、LANケーブルを 買い替えずにそのまま使っているというところは多いのではないでしょうか?せっかく光回線を導入してインターネットの通信速度を早くしても、そこにつながるまでの回線が遅いのではもったいないです。

もし、心当たりがあるのであれば、ルーターやハブ、LANケーブルといった通信機器を見直してみてはいかがでしょうか。

個人的には、無線LANでインターネット接続することが増えていたので、いろいろとネットワーク関係のことを忘れてることに気づかされました(;´Д`)

この記事を書いたプロ

堀寿弘

ITで事業の効率化をサポートする中小企業診断のプロ

堀寿弘(ほり中小企業診断士事務所)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

堀寿弘プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7818-2875

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀寿弘

ほり中小企業診断士事務所

担当堀寿弘(ほりとしひろ)

地図・アクセス

堀寿弘のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-02-17
instagram
Instagram
facebook
Facebook

堀寿弘プロのコンテンツ