まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神本チヒロ

個性ある輝きを引き出すヘアメイクのプロ

神本チヒロ(かみもとちひろ)

grace (グレイス)

コラム

40代からのアイシャドウ選びはTPOに合わせて

20代の人と同じように、ラメがキラキラするようなアイメイクやたくさんの色を使ったメイク方法は、40代の女性にはあまりおすすめできません。

また、メイクの方法が若いころのまま、というのも時代を感じさせることとなり、老けた印象を与えてしまうことがあります。

年齢にふさわしく、また時代にもマッチしたアイメイクで目元をきれいに演出しましょう。

アイメイクのコツ

アイシャドウはきれいな目元を作る上で欠かせません。

しかし、加齢とともに肌にくすみが出てくるため、若いころと同じ色のアイシャドウをつけても、当時のような色みにならない場合があります。

また、複数の色を使うと色がくすんでしまうので注意が必要です。アイシャドウでグラデーションを作っても、時間とともに色が混ざってしまい老けた印象になってしまうこともあります。

40代のアイメイクでは、多くの色を使うのではなく、シンプルに仕上げることを心掛けましょう。

パーソナルカラーで自分の雰囲気にあう色を見つける

色についてはパーソナルカラー診断で、自分にあった色を見つけることをおすすめします。

パーソナルカラーは、みなさんが持っている肌や髪、瞳の色と調和し、それだけではなく引き立たせてくれる色のことで、「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4つのタイプに分かれます。

この4タイプのカラーは、イエローベースとブルーベースの2種類のベースカラーに分けることができます。

イエローベースのパーソナルカラーは「スプリング」と「オータム」、ブルーベースは「サマー」と「ウィンター」です。例えると、イエローベースが日なたで見る色、ブルーベースは日陰で見る色。
これら4つのタイプから、自分に合う色を分析するのがおすすめですが、イエローとブルーのベースカラー、つまり自分が「あたたかみのある色」「涼しげな色」のどちらのタイプかを知るだけでも、色選びがぐっとラクになります。

アイシャドウを塗る前の効果的なテクニック

40代は目のまわりにくぼみ影が出やすいので、まずベージュなど明るめの色をアイホール全体に入れて目元を明るくします。

目のキワは、引き締めるためにもブラウンなどの濃い色をいれていきます。濃い色のアイシャドウを入れた後は、まつ毛とまつ毛のあいだを埋めるようにアイラインを入れます。

カラーやメイクなどについて学んでみたいという方は、「grace Lita(グレイスリタ)」のセルフメイクレッスンにぜひ、参加してみてください。

この記事を書いたプロ

神本チヒロ

神本チヒロ(かみもとちひろ)

神本チヒロプロのその他のコンテンツ

Share

神本チヒロプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8356-7420

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神本チヒロ

grace (グレイス)

担当神本チヒロ(かみもとちひろ)

地図・アクセス

神本チヒロのソーシャルメディア

facebook
facebook

神本チヒロプロのその他のコンテンツ