まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
神本チヒロ

個性ある輝きを引き出すヘアメイクのプロ

神本チヒロ(かみもとちひろ)

grace (グレイス)

コラム

目の下のクマ対策にコンシーラー使い過ぎはNG!?

クマは青色、黒色、茶色の3種類があります。生活習慣が乱れているとこれらのクマが出てきます。

クマを隠すためにコンシーラーを使います。コンシーラーはファンデーションやフェイスカラーの代わりに使われる化粧品です。

クマを隠す時に目の周りの皮膚の色と合わせようとして、コンシーラーを厚塗りすると、逆にクマが濃くなってしまうことがありますので注意が必要です。

クマの3種類

目の下にできるクマは3種類あります。青色のクマ、黒色のクマ、茶色のクマがありますが、それぞれの原因は異なっています。

まず青色のクマの原因は血行不良です。血流が悪くなると、目元に青色のクマが出やすくなります。

血流が悪くなる原因は、寝不足やパソコン作業などによる目の疲れが挙げられます。また、冷えが原因となるほか、食生活や生活習慣が乱れていると青色のクマができやすくなります。

種類別のクマ対策

黒色のクマは、青色のクマや茶色のクマと異なり、目の下に影ができることで変色しているように見えます。

歳をとると重力でまぶたの下の皮膚が薄くなってたるんでしまうので、影のように見えます。筋肉の衰えも黒いクマができる原因です。

また、顔がむくんでいると黒色のクマができやすくなります。むくむ原因としては冷えや運動不足などがあります。

茶色のクマの原因は、肌の乾燥、目をこすりすぎた、日焼けによるシミやくすみなどです。

クマを隠すために多くの人はコンシーラーを使います。コンシーラーとは、ベースメイクとしてファンデーションやフェイスカラーの代わりに使われる化粧品です。

クマ隠しにコンシーラーを使いすぎるとどうなる

コンシーラーにもいろいろな種類があります。リキッド、筆ペン、スティック、クリーム、ペンシルなどの種類があります。クマを隠そうとしてコンシーラーを厚塗りする結果、接触性の刺激が強まってさらにクマが濃くなり、目立ってしまうようになります。目元のクマを隠すには、伸びの良いリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーをおすすめします。

色は、青色のクマにはオレンジ系、茶色のクマにはイエロー系かベージュ系、黒色のクマにはパールの入ったコンシーラーを使ってハリ感を演出しましょう。色は、ベージュやオークルなどです。

どの色にも言えることですが、クマを隠す時に目の周りの皮膚の色と合わせようとして、明るく肌色に近い色を選択してしまう人が少なくありません。その方がクマが目立ちにくくなりそうですが、実際には逆効果になってしまいます。


しかし、コンシーラーは、基本的に使用はしない方が良いと考えています。コンシーラーはカバー力が高いため、厚塗りっぽく仕上がってしまう可能性があります。そのためナチュラルな仕上がりにならないことが多いからです。

この記事を書いたプロ

神本チヒロ

神本チヒロ(かみもとちひろ)

神本チヒロプロのその他のコンテンツ

Share

神本チヒロプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8356-7420

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神本チヒロ

grace (グレイス)

担当神本チヒロ(かみもとちひろ)

地図・アクセス

神本チヒロのソーシャルメディア

facebook
facebook

神本チヒロプロのその他のコンテンツ