マイベストプロ大分
藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(ふじわらゆうこ)

快適生活応援団

コラム

無意味な「片づけなさい!」を言っていませんか?

2019年4月14日 公開 / 2019年7月18日更新

テーマ:●子育て家庭の片づけポイント

片づけられない主婦と
片づけ嫌いの子どもを180度変える
整理収納アドバイザー藤原友子です。



「片づけなさい!」はダメ!
という見出しで、
今日の大分合同新聞の朝刊で
本の紹介をしていただきました。
→新聞の記事の詳細



「片づけなさい!」は言ったらダメなの?
じゃあどうすればいいの?と
聞かれたのですが、



「片づけなさい!」という
言葉がいけないわけではありません。




(5年前 ある日のフジワラ家)



ただやみくもに言うのがダメ、
意味がないよーということです。



おもちゃを片づけなさい!と言っても、
どこに戻すの?わからない!
入らない!
すでにぐちゃぐちゃやー!
・・・・なんてことないですか?



そんな状態で「片づけなさい!」って
言っても、
子どもはただおもちゃを突っ込むだけ。



そもそも、後片づけするおもちゃの量が
多すぎないか!?



ず~っと遊んでいないおもちゃで
おもちゃ箱はあふれていない?



ただお母さんの理想のリビングを
実現するために、
とりあえず子どもが後片づけしないから、
「片づけなさい!」て言っているけど、
そもそもお母さんが片づけ方を
知らない場合も多いです。



まずはお母さんが
正しい片づけを知ることが大事。



お母さんが正しい片づけを知り、
必要なモノだけが
適度な場所に置き場が決まれば、
堂々と「片づけなさい!」と言えます。



しかも、私の考える子どもの片づけは
子どもが必要なモノを自分で選び、
自分で置き場も考えるので、
子どもが自分で後片づけをしようと
する気になります。



長男カツオが言っていました。



「オレな、片づけなさい!と言われるとイヤや
だけどお母さんは、どれを残す?
どこに置いたらいいと思う?と
全部オレに決めさせてくれる、
だからちゃんとやってみようかなと思うんや」と





(自分で収納を考えた部屋で過ごすカツオ)



子どもって、大人が思う以上に、
色んなことを考えることが出来ます。



いつもとはいかないけれど、
時には子どもに考えさせることが
お母さんの無意味な「片づけなさい!」を
減らすきっかけになりますね。



「片づけなさい!」と言わず
子どもに片づけを教える方法は
コチラの本に書いています↓↓


片づけられない主婦と片づけ嫌いの子どもを180度変える本

=================================
【片づけられない主婦と片づけ嫌いの子どもを180度変える本】好評発売中!
書籍詳細ページ

最新セミナー情報や個人レッスンの詳細はHPから
★ホームページ★

この記事を書いたプロ

藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(快適生活応援団)

Share
関連するコラム