マイベストプロ大分
藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(ふじわらゆうこ)

快適生活応援団

コラム

親子で考えて欲しい!完了した夏休みの宿題の行方

2018年9月13日 公開 / 2019年5月23日更新

テーマ:●子育て家庭の片づけポイント

片づけで子育て家庭の自信と笑顔を応援する
整理収納アドバイザー 藤原友子です。


2学期が始まり10日、やっと元の学校生活戻り、
夏休みに子どもたちが必死にやった宿題が子どもの手元に戻ってきました。







夏休み中は宿題を完了させるのに夢中になっていたけど、
やり終えたらどうでもよくなり、ひょっとしたら机の上にほったらかしにされているかもしれませんね。



そこで質問。
その夏休みの宿題はお子さんにとってどんな役目がありますか?



1、あくまで夏休み限定のもの。やり直す予定などないのであれば、処分。



2、もう一度子供にやり直しをさせるのであれば保管。



3、夏休みの思い出にするのであれば、大事に保管。(工作はここに該当するかな?)



夏休みのプリントはたいしたことのない量ですが、これをどうするのか? 考えるのは大事なこと。
これをすっとばすと、どんどん溜まる一方です。



モノには必ず役目があります。
お子さんにとっての夏休みの宿題の役目を、一緒に考えて、本当に必要なモノを選び残す!
ということをやってみてはいかがでしょうか。





それでは。

=================================

【片づけられない主婦と片づけ嫌いの子どもを180度変える本】好評発売中!
★Amazonでの購入はコチラ★

最新セミナー情報や個人レッスンの詳細はHPをご覧ください。
★ホームページ★

この記事を書いたプロ

藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(快適生活応援団)

Share
関連するコラム