まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(ふじわらゆうこ)

快適生活応援団

コラム

子どもの服の量をキープするのに、大切にしたいコト

◆おウチの片づけポイント クローゼット編

2017年12月30日 / 2018年8月17日更新

片づけに必要な「選ぶ力」で親子に自信と笑顔を!
整理収納アドバイザー 藤原友子です。
いつもブログにお越しくださりありがとうございます。


昨日の記事で、子どもの服をキープする方法について書いたら、
大きな反響がありました。
その記事はコチラ>> 子どもの服の量をキープする方法
きっと、多くの人がお子さんの洋服に悩んでいるのでしょうね。


実は今日、長女と次女の洋服を買いました。




私たちの買い物は慎重です。何度も試着して、一緒に考えます。
私は子どもに似合う色や形がなんとなくわかるので、そんなアドバイスを交えながら買い物をします。


特に、おしゃれしたい盛りのまるこ(小6)には、絶対にNG(似合わない)色は伝えています。一緒に似合う色や形を考えながら、値段を見て買い物をします。


今日、まる子が手にした服は正直予算オーバーでした。
だけど、気に入っている! 似合う! 同じようなモノを持っていない!家にある服とも合わせることができる!と言う理由で、即決しました。


たとえ子どもの服でも、本当に大切にできるモノを選んで買うことが出来れば、子どもは大切に扱ってくれます!また、気に入ったモノがすでにあるので、他にはなくても大丈夫!と子どもも思うようになるのです。


身体は一つです!一週間毎日服を変えるとしてもトップスは7枚もあれば十分!たくさん持てば、何があるかわからなくなり(管理できる量を超える)、どれが似合うのか、好きなのかがわからなくなります。
(季節が変わるたびに、着る服がないー!!って思うやつですよ)


洋服の一定量をキープできるという事は、単に量の現状維持が出来ているのだけではなく、本当に気に入っていて、季節や体型にピッタリであり、常に今の自分にピッタリな服であるという
洋服の質がキープができているという事なのです。


たかが子どもの服、ではありません。子どものうちから、自分が好きなモノ、似合うモノについて考える時間を大切にしてみませんか?



洋服が増えたから、片づけるではなく、片づけが大変にならないようなモノの持ち方を考える、これってモノや情報の多い現代を生きる子どもの将来を考えると必要なことなのです。


それでは!

整理収納アドバイザー藤原友子の最新セミナー情報やイベント案内、
そして、個人レッスンの詳細は、HPをご覧ください。

ホームページ

この記事を書いたプロ

藤原友子

藤原友子(ふじわらゆうこ)

藤原友子プロのその他のコンテンツ

Share

藤原友子プロのその他のコンテンツ