まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(ふじわらゆうこ)

快適生活応援団

コラム

仕事復帰するママの片づけが楽になった方法とは?

●大人女子の片づけポイント

2017年10月22日 / 2018年8月14日更新

 「選ぶ片づけ」で子育てと仕事のテキパキ両立を応援!
整理収納アドバイザーの藤原友子です。


昨日の子育て応援マガジンクルール大分のママ’sパーティで、
これまで、セミナーや片づけカフェに参加してくださったママとの再会がありました。


そして、ママはこう話してくれました。
「アドバイス通り、入り口を狭くしたら楽になりました!」


家にモノがたくさんあるというママ、
捨てましょう!と言ったり、収納技を教えたわけではなく、
とりあえず入り口を狭くしてと伝えたのです。


入口とは、買い物やいただきモノなど、家にモノが入ってくるのを、
本当に必要なモノを選んで、選ばれたモノだけを家に入れていってね、という事。


買い物が好きだったママ、何でも簡単に手に入れていたのでしょう。
欲しい!と思っても、ちょっと考えてみたり、本当に必要なのはどんなものか?考えることで、暮らしは変わってきました。


楽になった!と言っていました。


これから仕事復帰するママは、育休中というとても良いタイミングで、
これからの我が家の暮らしについて考えることが出来ました。


知らず知らずに増えたモノを収納することに、疲れてしまうのではなく、
家に入ってくるモノを選び、量をコントロールし、世話をするモノの量を減らすことで、楽チンを手に入れたママ。


可愛い子どもを抱いた、ママの笑顔に私の方がうれしくなりました。


これから、仕事と子育ての両立で、生活が一変するでしょう。
お子さんもなれない保育園通いで、体調を崩したりすることもあるでしょう。
そんな時、確実に家は散らかります!!
することは山ほどあって、片づけに時間を割くことは出来ないでしょう。



そんな時ほど、必要なモノを慎重に選び(入り口を狭く)、手放せるモノはどんどん手放す(出口広く)を心がけましょう。


私も4人の子育てと、仕事とを両立しています。
収納はそれほど頑張っていません。でも、
入り口を狭く、出口を広く を心がけていますよ。



 それでは!

整理収納アドバイザー藤原友子の最新セミナー情報やイベント案内、
そして、個人レッスンの詳細は、HPをご覧ください。

ホームページ

この記事を書いたプロ

藤原友子

藤原友子(ふじわらゆうこ)

藤原友子プロのその他のコンテンツ

Share

藤原友子プロのその他のコンテンツ