まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
藤原友子

片づけの力で 毎日に輝きと笑顔を与えるプロ

藤原友子(ふじわらゆうこ)

快適生活応援団

コラム

私が片づけのプロになった背景

●大人女子の片づけポイント

2017年9月18日 / 2018年10月20日更新

こんばんは
整理収納アドバイザー藤原友子です


最近「藤原さんってどうして片づけできるようになったの?」「子どもの頃から出来てたの?」など片づけが出来るようになった背景を聞かれることがありました。
そこで、整理収納アドバイザー藤原友子が生まれたきっかけをちょっとだけお話しさせていただきます。


片づけが出来なくても死にはしない!


私は子どもの頃から片づけけが苦手でした。
週末のたびに、母から「片づけなさい!」と言われ片づけてはいましたが、すぐに元通り。


今になって、母からは片づけのやり方を教えてもらえなかったのが、原因だと分かったのですが、
当時の私は、どうして私は片づけが出来ないのだろう?と思っていました。


大人になっても、相変わらず部屋は汚く、毎日仕事の着ていく服が、一体洗濯後なのか洗濯前なのかもわかりません。そのうち「片づけが出来なくても死なないから大丈夫!」と開き直っていたのです。


そんな、私は結婚し、妊娠をし、専業主婦になった時に、このままではいけない!と思い自己流で片づけを始めました。その後4人目妊娠中に「整理収納」に出会い、「私が自己流でやっていた片づけは正解だったんだ!」と気づいてから一気に勉強し、4人目の出産の日に、整理収納アドバイザーの資格に合格しました。


ワンオペ育児のおかげで片づけを極める


ウチの主人はいわゆるブラック企業に勤めています。家にいたら、家事や子育てを手伝ってくれるけど、基本的に居ない! 実家の母もまだ働いているので頻繁に頼ることが出来ません。



そんな生活の中、育児や家事をいかに効率よくこなし、自分の時間を作るかを追求した結果、
必要じゃないモノを家に置いていると、そのモノの管理で私の心の余裕と時間と空間を奪われると気づき、引き出しや押し入れの中身をいつもチェックし始めたのです。



取り組むまではなかなか腰が上がらないけど、効果が出るとうれしくて、また頑張ってしまう。
まるでダイエットと同じです。


片づけることで、探し物の時間が無くなったり、子どもとお出かけする準備の時間が短くなったり、おもちゃの量も厳選されているので、後片づけに時間がかからなかったりと、
イイこと尽くしでした。いつしか、片づけは面倒なことではなく、「片づけをしないともっと面倒になる」ということがわかってから私の片づけ力はどんどん加速しました。


ワンオペ育児はきついけど、産物はありました(笑)
また、主人は元は私より片づけが出来ていたのでかなり助かりました。


まだまだ育児は続きます。もちろん主人のブラック企業勤めも続きます。
文句を言っても仕方ないので、ひたすら効率のよく、笑顔の絶えない生活を片づけで追求していくのみです。


ですから、元片づけられない女ですから、普段のセミナーやレッスンでも、ハードルの高いアドバイスはできるだけしないように心がけています。面倒くさい気持ちもわかるし、なかなか取り掛かれない気持ちもよーくわかるからです。
片づけが苦手な人でも、今の自分の時間や好きなことを犠牲にしてまで片づけろ、とは言いません。特に個人レッスンでは、生活習慣や好きなことをお聞きしながら、その人ができる事を探してアドバイスしています。


さて、片づけの仕事をしていると、しっかりとしていて、いつもキレイに暮らしていると思われがちですが、そんなことはありません。ドジで面倒くさがりな基本的な性格は昔から変わっていません。今日もワケあってブラをお鍋で炊いてましたから(笑)
よかったらブログをご覧くださいね↓

藤原友子のブログ=============================


実は最近、ワンオペ育児に疲れ、ネットでアレコレ検索していました。
「相談しましょうね」とかいう事しか書いていなくて、
相談したってどうしようもならないんだよー!!と不満が爆発しそうになり、ふと思いついたのが、
ブラック企業戦士の妻のブログを書こう!ということ。


そんなことを考えている暇があったら、子どもと遊びなさい!って感じですね(笑)
ブログは実行していません。 それでは!

整理収納アドバイザー藤原友子の最新セミナー情報やイベント案内、
そして、個人レッスンの詳細は、HPをご覧ください。

ホームページ

この記事を書いたプロ

藤原友子

藤原友子(ふじわらゆうこ)

藤原友子プロのその他のコンテンツ

Share

藤原友子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-20
facebook
Facebook

藤原友子プロのその他のコンテンツ