マイベストプロ新潟
昆知宏

マイホーム購入のお金の不安や疑問を解決するプロ

昆知宏(こんともひろ)

新潟住まいのお金相談室株式会社

コラム

住宅ローンの変動金利は上がるのか?

2019年2月18日 公開 / 2019年3月10日更新

テーマ:★失敗しない!住宅購入情報★




変動金利の上昇。

これから家を建てようと
思っているあなたや、

既に家を建てた方もとにかく
気になるところですよね。

一番よく聞く話としては、

『2020年のオリンピックが
終わった後に金利が上がる』

なんていうものがあります。

東京オリンピックはまだ先の
話かと思いきや、

いつの間にかもう来年なのですね。

日本でオリンピックをする機会なんて
滅多にないのですが、

何かひとつの競技を見に行って
みたいものです。

話が反れてしまいました。

肝心なオリンピックが終わったら
変動金利が上がるという話は
実際どうなのでしょうか?


景気が良くなると金利が上がる




変動金利のロジックは極めてシンプルです。

分かりやすく考えれば、
日本の景気が良くなっていけば

伴って給与や物価(物の値段)
も上がってきます。

このような循環が生まれた時、
金利も上がるのがセオリーです。

今現在の日本は
戦後最長に並ぶ好景気であると
発表されており、

大企業は過去最高の利益を
バンバン叩き出しています。

新潟に住んでいる私たちには
あまり実感がないのですが、

日本の景気はどちらかというと
上向いているのが実情です。

同じものを買うにも価格は
どんどん高騰しており、

コカ・コーラやハーゲンダッツ等
身近なものもどんどん値上げを
するようになってきました。

アメリカではまさに今現在
金利は上昇中になっており、

伴って外国製品の物価も
どんどん上がっているのです。

問題は日本がいつそのサイクルを
迎えるかです。


オリンピック後に金利が上がるシナリオ




来年くらいから金利が上がるためには、
段階的に良い経済の結果を
出さなければなりません。

最大のハードルが10月の消費税増税です。

一般的には増税後の消費は冷え込みます。
景気が良くなるとは考えにくいものです。

しかし今回の増税は住宅購入は、
事実上のキャッシュバック+αがあり、

物品の購入もキャッシュレス決済であれば
事実上のキャッシュバック+αが
既に発表をされています。

これらの恩恵(力業)により、
消費税をアップしたのに、
消費が落ち込まず

経済が強い動きをするようであれば
金利上昇のスイッチが入る
可能性もあります。

そのようなシナリオで行けば
短期間で金利変動があるかも
しれません。

(私はないと思いますが)


2021年までの安倍政権もポイント




金利の変化が起きそうなポイントは
オリンピックではなくて、

私は現在の安倍政権の任期満了の
タイミングの方だと思っています。

アベノミクスで日本の経済を
回復させて、

その最終系として日本の経済を
健全な状態に戻すというのが、
安倍政権の目標だと思います。

任期が最長な総理大臣として
有終の美を残したいと人間で
あれば思うはずですし、

その華としての日本経済の回復と
いうシナリオのほうが個人的には
あるかなあと思っています。

(あくまでもただの予想です)

小難しく考えてもあれなので、
ものすごくざっくり今日の記事の
オチを書きます。

あなたがもし・・・

『アベノミクスは大失敗に終わり
これからも日本経済はグダグダで
今後も回復なんてしない』

というシナリオで考えるのであれば、
変動金利で問題ありません。

景気がよくならなければ、
金利は上げようがありません。

一方で、

『日本経済はこれから少しずつ
回復し失われた20年を脱する。』

と考えるのであれば、

歴史的低金利のいまのうちに
全期間固定をしておいて、

なおかつ余裕資金で株を分散的に
買っておくと良いです。

借金は固定されているので増えず、
資産だけが増えるからです。

短期間でローンを返す予定の方は
例外にはなりますが、

もし仮に私が35年をかけて、
ローン返済をする立場であったら
後者を選択します。

日本で仕事をして収入を得て、
日本で暮らしていくのであれば

悲観的な未来の中を生きるのではなく、
明るい未来を信じて生きたいからです。

そうなったときに家計に追い風となるように
準備をしておけば、尚良し。

こういうわけです。

===================
住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫か?
いくらまでなら家を買ってからも
無理なく家族で旅行にいけるのか?
↓↓
第三者立場から診断します。
https://niigata-money.com/

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座
https://niigata-money.com/mail
===================

この記事を書いたプロ

昆知宏

マイホーム購入のお金の不安や疑問を解決するプロ

昆知宏(新潟住まいのお金相談室株式会社)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

昆知宏プロのコンテンツ