まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
昆知宏

マイホーム購入のお金の不安や疑問を解決するプロ

昆知宏(こんともひろ)

新潟住まいのお金相談室株式会社

コラム

子育て家庭の悩みは、やっぱりお金

★失敗しない!住宅購入情報★

2018年9月13日 / 2018年9月15日更新




先日新潟駅前でテレビの
街頭インタビューを受けました。

特に急いでもいなかったので、
近づいてきたレポーターに
対応していたら

テーマはなんと・・・

「自民党総裁選について」

でした。

なんとも、お堅いテーマです。

あなたはこの振りにいきなり
答えられますか?(笑)

「やる前から結果決まってますよねー」

なんて話から展開し、

「安倍総理に期待することは!?」

みたいな感じを聞かれ、

「特にないです。

自分は政治に頼らないで、
政治で決まったルールに沿って、
しっかり頑張ります(キリっ)」

って感じで答えておきました(笑)

使われもしないと思いますが、
放送はやめてねと一言加えて
その場を去りました。

この時思ったのは、
人は話題を振られると本音が
出やすいということです。


小学生の子を持つ母へのアンケート



話は変わりますが、

雑誌プレジデントファミリー
2018年秋号(子育て雑誌)

に小学生母505人を対象に
したアンケート結果が
載っていました。

単刀直入に

「欲しいものはなんですか?」

というアンケートです。

この結果は一つの答えが
圧倒する結果となっていました。

さて、なんでしょうか?

正解は・・・

『お金』

が60%で圧倒的な1位でした。
ですよね。。

2位が、健康(18%)
3位が、時間(13%)
4位が、美貌(7%))
5位が、夫からの愛(2%)・・・

とのことです。

このことから読み取れるのは、
お金がやっぱり大事だと
いうことです。


教育費をかければいいってもんじゃない




お金が欲しいと思う理由は、
単純に自分たちがしたい

子どもたちにしてあげたいと
思うことに対して

今あるお金の量が不足している
ことに他なりません。

細かい回答を見てみると、

「塾や習い事に通わせてあげたいが
家計に余裕がなく本人が希望する
だけさせてあげられない」

という回答がありました。

例えば公文式の学費を見ると
月々の学費が一教科6,480円。

主要三教科で19,440円にも
なります。

しかも10月から7,020円に
値上げになるようです。

確実に教育費もインフレ(物価上昇)
傾向のようです。

うちも公文式に通わせて
あげようかなと思ったのですが、

小学生くらいまでなら書店で
ドリルを買ってきて親が教えれば

いい話だよなあと思って
そうしようと思っています。

塾に行かせたいというよりは、

・学力をつけさせたい
・学習習慣を身に付けさせたい

というのが本来の目的ですから
親にできないわけがありません。


一生、欲しいもの「お金」と答え続けないために




同じくアンケート結果に

「一定の収入はあるが
子どもの進路によっては
すごくお金がかかり、

今から急ピッチでお金を貯めても
次は老後の資金難になるのでは
ないかという不安がある。」

というものもありました。

この悩みはビンゴです。

子どもにお金をかけすぎると
自分たちの老後のお金が
残りません。

自分たちよりも子どもの
将来に投資をするという考えも、
それはそれでアリだと思います。

しかし何度も言いますが、

「お金を掛ければいいってわけではない」

というのが重要なポイントなのです。

子どもはとっても大事な存在。

しかし子育てが終わった後の、
膨大な自分たちの時間が
事実としてあるわけです。

いち家計の管理者として、

教育費と老後のお金を
どうバランス配分していくかは
とても重要なことです。

あなたがもしまだ家を買う前で
あれば人生最大の借金額を
決め込む前に、

人生の先輩方の悩みから
学べるところはしっかりと学び

欲しいものは「お金」以外に
回答できるようになりましょう。

この記事を書いたプロ

昆知宏

昆知宏(こんともひろ)

昆知宏プロのその他のコンテンツ

Share

昆知宏プロのその他のコンテンツ