まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
昆知宏

マイホーム購入のお金の不安や疑問を解決するプロ

昆知宏(こんともひろ)

新潟住まいのお金相談室株式会社

コラム

新潟で住宅購入のリアル

★失敗しない!住宅購入情報★

2018年4月24日 / 2018年8月12日更新




ぽかぽか陽気の絶好のイベント日和。

新潟市では最近珍しい『住宅祭』
エルカール天野へ行ってきました。

スノーピーク社とのコラボで
演出をされた珍しい分譲地です。

住宅祭とは住宅展示場とは違い、
期間限定で何社かの家を
一気に見れるイベントのことです。

既に住む人が決まっている家も
多くモデルハウスではない

リアルな予算の家を何個も
見学できるというのが醍醐味なのです。

新潟ではこの手のイベントは、
あまりないのでお客さんと一緒に

営業マンに営業されないように
ブロックしながら(笑)
何社か見て回ってきました。

以前の記事でも書きましたが
私は家を見るだけで金額が分かる
という特殊能力を持ってまして

「この家はざっといくらですね!」

という感じでそれぞれの会社の
特徴などを一切の忖度なしで
ご説明したわけです。

※業界人ならだいたい分かりますが

ここで思ったことがあります。

新潟市で土地を買って、
注文住宅を建てるのって

「結構、お高いのね。」

ってことです。


月々返済額104,611円也




今回このエルカール天野という
住宅祭では値札が付いて販売
している家も何個かありました。

ざっくりいうと、

3,500万円~4,000万円という
感じですね。

きれいに区画整理されて
フリースペースも多いゆったり
とした分譲地ということもあって、

周辺相場よりも土地価格は
当然お高め。

なので必然的に土地建物か価格が
3,000万円強コースなんです。

つまりこの家を買おうとしたら、

自己資金500万円あったとして
残りを全額ローンで借りると、

35年返済で月々104,611円に
なるんですね。
(フラット35:4月金利計算3,500万円借入)

うーん。なかなかですよね。


新潟市の人気の場所で家を建てるということ



新潟市の人気どころで検討すると
土地の価格は1200~1500。
※中央区はもっと高い

注文住宅を建てれば
2,000~3,000万円くらいします。

両方の間をとって、

土地1,350万円。
建物2,500万円。

諸費用なども計算していくと
結局全部で4,000コースというのが

ある程度妥協せずに家づくりが
可能なコースとなります。

頭金の額にもよりますが、
35年返済で月々10万円コースが
現実として立ちはだかるわけです。

あなたはどう感じるでしょうか?

私は会社員ではないので、
ちょっとこれは心理的に負担が
大きすぎると思いました。

住宅ローンに追い回される人生は
私は嫌で月10万円を35年支払う
プレッシャーは正直ごめんです。



フルタイム共働きでないときつい





夫の年収で800万円近くあれば
話は別ですが

給与形態が地方基準の新潟では
そのような方はあまり存在しません。

なので月々10万円を35年間も
返していくのは、

夫婦共働きによる収入が
絶対条件なのです。

私はこの仕事をしていて、

「4,000万円もローンを組んで
みんなどうやって返しているの?」

とよく聞かれます。

その答えは明白で、

「世帯年収が800万円以上あれば
なんとかなりますよ。」

ということです。

夫一人で妻一人で800万円でも
二人で800万円でも内容は問いません。

例えば夫婦で公務員の方であれば、
30代中盤でそれぞれが年収400万円
ということは全然あるので、

4,000万円のローンは特に
問題なく返せます。
※子どもが3人とかだと話は別

でも新潟で最も多いのは世帯年収が
600万円前後のゾーンなので、

月々10万円の返済はかなりの
ハードモードと化します。

平均年収帯で月々10万円返済の
家を買って車もミニバンなんてすると

今は楽しいかもですが教育費も
老後もお金を残すことができない
という現実があります。

夢を見ていたところを
ビンタするような話で恐縮ですが
私の仕事はそれなので言いますね。

お金を出せばいいのを買えるのは
当たり前です。

しかし自分たちがストレスなく
買えるのは全く別次元。

特に値札が付いている家は、

「買いま・・・・す!!!」

と、勢いで買えてしまうだけに
注意が必要なのです。

===================

住宅ローンをいくらまで借りても大丈夫かを知る方法
http://niigata-money.com/

住宅購入のお金のことが分かる無料メール講座
http://niigata-money.com/mail

===================

この記事を書いたプロ

昆知宏

昆知宏(こんともひろ)

昆知宏プロのその他のコンテンツ

Share

昆知宏プロのその他のコンテンツ