マイベストプロ新潟

コラム

アナログ ライフプランナーの独り言。

2020年5月21日

コラムカテゴリ:お金・保険

皆様こんにちは。マルサ佐藤です。

コロナウィルスは、なかなか収束できず、落ち着きません。
どうしたら、未来に繋げていけるのでしょうか?
私たちは、未来に向けて生きているのです。

コロナウィルスを侵食する、ウイルスが作り出せれば良いのにね!

さて、こんな情勢の中でも、皆さま、お仕事をやりくりしております。

テレワークや宅配による展開や個別の短時間接触。
なんだか、せちがない気がします。

私は、もう古い時代のアナログ人間のようです。
最近のデジタル資料には、馴染めず、
若い世代と共生するにも、ちょいとズレを感じることシバシバです。

ライフプランって、何?

自分で作り出すものです。

でも、参考になる意見があったら、指導して欲しいものです。
(これがFPの仕事です。)

子供の教育費に、一体いくらあれば間に合うの?
*奨学金の仕組みを知りたい。

欲しいものがあるので、計画的に準備したい。
*助成金の優遇措置はあるのでしょうか?

認知症でどうしてよいのか、わからない。
*進行度合いから、何を準備するべきか知りたい。

相続で家族間の争いが決着つかずに揉めている。
*専門家の高い指導料に入る前に、相談窓口になってほしい。


お任せください!




      著者:本田 桂子 (1級FP・行政書士)



私自身もこの歳になるまで、随分”傷ついて”きました。

詐欺に遭遇して、お金をだまし取られたこともありました。
どうも、オカシな展開だなあ。。。っと思いながら、
確証が取れずに思うツボにはまり、人が信じられなくなりました。


出版詐欺、コラム詐欺、広告詐欺、商売詐欺、etc。。


私のコラムも、業者の方々が閲覧しておられるようです。

でも、中には、誠実な対応して下さる方々もおられます。



アナログ人間は、ダサいけど、誠実だと思います。
要領悪いけど、真面目だと思います。
ダサくて、真面目でどこが悪いねん!





     著書:柳澤 美由紀(1級FP)


新しい時代の新しいサービスにも慣れていかなければなりません。
でも、本当に必要なことは、
自分の人生に直接関わる医療、ライフライン、お金、の対応策を知っておくことだと思います。


世の中、矛盾に満ちています。

こんなことを改めて気づかさせてくれるコロナ騒ぎに少しだけ感謝です。




********************
※お客様の豊かな未来づくりのパートナー※
マルサFP保険事務所  025(225)8161
http://www.marusa-i.com/fp/
financial・planner
佐藤 美和子
********************

この記事を書いたプロ

佐藤美和子

豊かな人生をサポートするお金のプロ

佐藤美和子(マルサFP保険事務所)

Share