マイベストプロ新潟

コラム

教師がなぜカウンセラーに?

2022年6月8日

テーマ:心理カウンセリング

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

34年間教師をやって

どうして辞めてカウンセラーに?

よく聞かれる質問です。



教師を始めて5年も経たないうちに

カウンセリングが学校には必要だと

教師には必要だと

強く思うようになりました。

だって、私の仕事は人と心をつなげていく仕事。

相手(生徒)を威圧したり権力闘争に勝ったり

そんなことでは繋がれない。

むしろ不要で有害なこと。

相手と対等で尊重し合う関係こそが

建設的な関係なのだと教えてくれた。

それがカウンセリングでした。



その姿勢を身に着けてからは

生徒だけでなくすべての人と共に歩めるようになりました。

幸せになりました。



だから、悩んでいるすべての人に

とりわけ誰もが通る学校という環境の中で

悩んでいる人苦しんでいる人の力になりたくて

退職後は心理カウンセラーになるといつしか決めました。



教職とカウンセリングの勉強は両立に苦労しました。

長期休みにはスクーリングに行ったり

朝5時に起きてレポート書いたり

毎月1回サイコドラマのグループカウンセリングで

ディレクターとして研鑽を積んだり

でも好きな勉強は苦にならないものですね。

いくつかの資格を得て

最終的に国家資格の公認心理師資格を取得。

1年から持ち上がった中3が卒業する

そのタイミングで退職しようといつからから決めていました。



教員としてあの子たちは完成形。

本当に素晴らしい生徒に育ちました。

教員としての仕事に悔いなし。



カウンセラーになるのに急ぎました。

悩んでいる人たちがかなりいることを実感していたからです。

定年まで3年残して退職。

次なるステージに立って

満足感でいっぱいです。

この記事を書いたプロ

堀川真理

心の奥に隠れた本音を引き出し、関係構築を助ける人間心理のプロ

堀川真理(ハートエステサロン毬穂)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

堀川真理プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4056-0610

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀川真理

ハートエステサロン毬穂

担当堀川真理(ほりかわまり)

地図・アクセス

堀川真理プロのコンテンツ