マイベストプロ新潟

コラム

福隆寺・本堂の耐震改修工事の経過 No.1

2021年11月10日

コラムカテゴリ:住宅・建物

福隆寺(阿賀野市寺社)本堂(床面積114坪)の耐震改修工事が8月20日より始まりました。
この仏閣の創建は1853年(嘉永6年)ペリー艦隊来航(黒船来航)の年で、168年が経過しています。
1966年に屋根を茅葺から瓦に改修しました。

2021_11_10-3

2015年に住職より、この本堂を後世にまで存続したいのだが、可能かどうかと相談を受けました。 
そこで全ての部材を調べて構造計算を行った結果、可能と判断しました。

2021_11_10-1

2021_11_10-2

問題は工事費が幾らになるかです。
詳細設計を基に積算した結果、約9.500万円となりました。
檀家の皆さんの了承を得ましたので、5年後に実行する事になりました。
建築用材としての木材は天然乾燥が前提ですので、事前に用意しなければなりません。
2019年に、知り合いの阿賀町上川の石川さんの山林に入って、大径木を選びました。
地元の製材所で製材し、倉庫に保管してあるので品質は抜群です。

2021_11_10-4

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ