マイベストプロ新潟

コラム

暮らしを変える、より快適に安全に

2021年6月10日

コラムカテゴリ:住宅・建物

今現存する家の大多数は木造です。
建てた当時は満足する住まいでしたでしょう。
が、年数の経過と伴に不満足な住まいとなるのが大方です。
住まいに対する意識が、より快適に、より安全にと変化していきます。
が、具体的に何をどうすれば良いのかは、はっきりしません。
当然です。
住まいの機能性や利便性は複雑に絡み合い、一般の人には分かるものではありません。

2021/06/10-1

2021/06/10-2


そこで建築の専門職に相談となります。
この時、誰に依頼するかで結果の良し悪しが決まります。
木造の家の構造体は建てた年代や工法の違いで複雑です。
それに対処するには、木造建築の技術を要します。
特に安全面における、耐震診断・改修は高度な構造計算できる建築士でなければ設計できません。
利便性や快適性に対しても同様です。
断熱性能の向上や間取り変更には、構造体と関連します。
その特性を見分けるには高度な専門力が必要です。

2021/06/10-3

2021/06/10-4


詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ