マイベストプロ新潟
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ新潟
  3. 新潟の住宅・建物
  4. 新潟の注文住宅・住宅設計
  5. 武石明
  6. コラム一覧
  7. 「あの人たちがいなくなると、困る」と言われる、専門家を目指して

コラム

「あの人たちがいなくなると、困る」と言われる、専門家を目指して

2020年11月20日

コラムカテゴリ:住宅・建物

木の家は人と同じく生き物です、時にはケガもするし具合も悪くなる。
その時に適切な判断と処置を施せば、元の姿に戻ります。
木の家の体(構造体)は複雑・緻密です。
その原因を究明するには長年の経験と専門力が必要です。
尚且つ、いざ手術となれば高度な技術・技能力を要します。
当然ですが、一人でできる代物ではありません。
数人の専門職の連携の良し悪しで術後の結果が決まります。
同じ資格免許者であっても、ピンからキリまでが現実です。
その人のセンスの有無と、あくなき探求心を続けられるかによってプロかアマかに分かれます。
木造建築の世界では、昔から先人たちの言い伝えがあります。
「眼を養い、手を練れ」。
医療もスポーツも芸能も、プロになるには、若い内から絶え間ない修行と意識を高めなければなりません。
私たちは、お客さまの安心と信頼にお答えする専門家を目指しています

2020_11_20-1

2020_11_20-2

2020_11_20-3

2020_11_20-4

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ