マイベストプロ新潟

コラム

木の家は、誰がつくるかによって価値が決まる

2020年9月10日

コラムカテゴリ:住宅・建物

大方の皆さんは木造の家は昔からつくられているので、誰がつくっても一緒だと思っているかもしれません。
とこが現実は全く逆です。
木の構造は複雑で緻密なので、高度な技術と知識が要求されます。
確かに工場で加工し現地で組み立て、面材で構造体を覆い隠すだけの家であれば同じです。木造の本当の特性は、木組みの構造体が室内空間と一体で表現できる良さです。
木は生きものですので、年数の経過と伴に表情が変わります。
木材の特性を知り尽くした大工職人の精密な技は芸術・美術の世界です。


2020_09_10-1

2020_09_10-2

もう一つの特長は「可変性」が高いです。可変性とは改築・改修をする場合、梁や柱の取り外しが容易であるかの度合いです。
木組みの構造なので接合部のホゾやクサビを抜けば本体を傷める事無く容易に外せます。又一部を取り換え元に戻すのも簡単です。
資産価値の高い家を望むなら最初が肝心、誰を選ぶかによって決まります。

2020_09_10-3

2020_09_10-4


詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ