マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら) / 一級建築士

株式会社研創

コラム

高度な構造計算により安全性を数値で証明

2020年4月1日

コラムカテゴリ:住宅・建物

現行の建築基準法では木造建築の場合、大規模建築物以外は構造計算による安全性の証明は対象から外されています。

この事情から多くの設計者は構造に無関心であるのが実状です。

中には基本プランとデザインだけで、後の構造計算はプレカット工場にお任せという実態も報告されています。

構造計算という行為は力学的側面のほか、建築計画や材料科学の面にも目を向けなければなりません。

木は鉄やコンクリートとは違い、軽くて柔らかく強度は格段に弱い建築用材です。
木の特性を活かした構造体が日本の先人、匠から受け継がれた独特の耐震構造です。

その根拠を設計担当者はレベルの高い「限界耐力計算法」により数値(安全限界変形角)で証明します。

2020_04_01-1

2020_04_01-2

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ