マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら) / 一級建築士

株式会社研創

コラム

木の家を創るには、今風の工法には無理がある

2020年2月10日

コラムカテゴリ:住宅・建物

家はお客さまの土地の上に組み立てられる、現地一品生産品ですので、20数職種の人々が関わります。
「買う家」は工場で加工された部材・部品を簡易な方法(釘やボルトの接合)で組み立てられ、高度な技術・技能は要しません。
確かにこの大量生産方式は合理的で軽量鉄骨の家であれば納得です。
しかし、「木でつくる家」となると、どうでしょうか?
「木」という建築用材は自然が育んだ「植物」という生き物です。
それを強制乾燥し、又は接着剤で貼り付けボルトや金物で接合する工法は明らかに無理があります。
ボルト・釘をビッシリ打ち込んでは、細胞が縦に並んだ繊維質の組織を痛めつけ割れが発生します。
これは、地震等の横の力が加わった時の実験データでも明らかです。知ってか知らずかお構いなしが現実です。

2020_02_10-2

2020_02_10-1


2020_02_10-3



詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ