マイベストプロ新潟
  1. 「つくる喜び」もう一度、今こそ急務、家づくりの人材育成
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

コラム

「つくる喜び」もう一度、今こそ急務、家づくりの人材育成

2019年8月10日

7月17日、新津工業高校・日本建築科の先生と来春卒業予定の生徒2人が、会社見学に訪れました。

その際、先生に「3年生の生徒数は何人ですか?」お聞きしたところ、「29名です」。

「その内、大工としての就職希望者は何人ですか?」の問いに「10名以下です」の返答にショックを受けました。

野村総研の予想では、2010年に39万7,400人の大工人口が、2030年には約半分の21万1,500人になると予測しています。

2019_08_10-1


少子化社会とはいいながら、この要因は何なのか?

一言でいえば、若者がこの職種に魅力を感じなくなったのではないでしょうか?

日本のモノづくりには、先人から受け継ぐ伝統の緻密さと、美しさへの拘りがあります。

が、今風の家づくりでは、手加工を必要としない、ただの組み立て作業となり、「つくる喜び」がなくなってしまいました。

いくら斬新なデザインや高度な性能の家を描いたとしても、具現化するのは職人です。

2019_08_10-2

職人の技は「一朝一夕」には身につきません。

今こそ、世界に誇る日本の家づくりを後世に伝える人材育成が急務です。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ