マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

コラム

生涯で最大の出費、家に求められる価値とは何か?

2019年6月10日

家づくりで大切なのは、「施主とその家族の哲学や美学、更にその家の伝統と文化の総結集である」ということです。

住まいを、「安全性・耐候性・耐久性などの建築工学」や、「快適性・利便性・居住性等の機能性」を第一に考えるなら、
それを追求した単なる構造物(箱)を造るだけかもしれません。

2019_06_10-1

しかし、家を「人生観の結集」として、「人づくりの場」「親から子孫へのメッセージ」と考え、教え、護り、残さなければならないものを表現し、伝えることが重要です。

子世代への無言の教育の場として、同時に精神的な拠り所として考えていくことが大切なのではないでしょうか。


2019_06_10-2

いくら温度や湿度が快適でも、人工的に密閉された無機質な空間では、心身とも健康的に暮らすことは難しいでしょう。

一方、時代の変化と共に、ライフスタイル・家族構成は変わります。

その変化に対応できる構造体であることも大切です。

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ