マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

コラム

今の家を仕立て直して、より永く、より快適に

2019年3月10日

今住んでいる家に不具合・不都合が生じた場合、その原因を的確に判断することが重要です。

間取り変更を伴う工事の場合は、力学的・工学的な根拠に基づいた構造設計者の診断が不可欠です。

それに対処できる技術プロがいなくては、その家の命も絶たれる恐れがあります。

2019_03_10-1

2019_03_10-2

新築工事であれば、構造体の安全性や機能、性能の数値は明快です。
が、改築・改修となるとそうは簡単にはいきません。

大金を投じて、見栄えや利便性は向上して満足した。

ですが、気候変動の激しい昨今、いつ何時、大雨、台風、大雪、大地震に襲われるとも限りません。

2019_03_10-3

2019_03_10-4

そのためにも、木造建築の特性を熟知し、長年の経験と構造設計に熟練した「住宅診断士」の客観的な診断力・判断力が必要となります。


詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(株式会社研創)

Share

コラムのテーマ一覧

武石明プロのコンテンツ