まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
武石明

木のことを知り尽くした木造住宅設計のプロ

武石明(たけいしあきら)

株式会社研創

コラム

永く愛される為に「改築・改修の容易性と履歴の記録」

2018年3月10日

丈夫で100年以上長持ちする家であっても、そのままの形で50年・100年後に住む人々の要望に応えられるかと問われれば?答えは一つ。
永く住むには、家族構成やライフスタイルの変化等に対応できる「可変性」が求められます。
それは、間取りの変更であったり、設備機器の入れ替えであったりします。
ところがその段になって、工事費がべらぼうな高額となると、飴の代金より笹の代金となります。
その過大な負担を後世まで残さない為には最初が肝心です。
2018_03_10-1

2018_03_10-2

2018_03_10-3
丈夫であると同時に、多様な変化に適応できる構造体であるべきです。
釘・金物や合板に頼る短期的・平面的な構造体ではなく、太くて長い梁と柱などで組み合わされた構造体が望まれます。
更に、構造体と内装や設備が分離され、改装や設備の取り換えが容易であること。
その為に、床下や天井上の高さ、壁の幅、点検口、水回りの計画配置等々、長期にわたる配慮が必要です。
人間の健康維持に定期検査が必要なように、家を長持ちさせるには維持管理が重要です。
こまめに点検することが、余計な費用を倹約する最大の予防策となります。
その都度、定期健診や改装・改築の記録(カルテ)を残し、後世に引き継ぐ事により、その家の健康状態(資産価値)もはっきりします。

詳しくはホームページ「あがの家・創生プロジェクト」をご覧ください。

この記事を書いたプロ

武石明

武石明(たけいしあきら)

武石明プロのその他のコンテンツ

Share

武石明プロのその他のコンテンツ