まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
西上哲男

大切な人との絆をつなぐオーダーメードジュエリーのプロ

西上哲男(にしがみてつお)

西上哲男ジュエリーショップ

コラム

婚約指輪に選ばれる宝石の種類はダイヤモンド以外も

プロポーズとともに贈る婚約指輪。選ばれる宝石はダイヤモンドばかりではありません。
最近ではダイヤモンドにこだわらない選択で、宝石をより自由に楽しむ方が増えているようです。

ダイヤ以外の宝石が結婚指輪に選ばれる理由

婚約指輪は結婚指輪やファッションリングと違って、宝石が主役となる指輪です。
とりわけダイヤモンドは女性にとっての憧れ。すっかりブランド力が確立された宝石として、圧倒的な人気を誇ってきました。

ダイヤモンドを一粒あしらった立て爪のソリティアリングは、婚約指輪の王道です。
ただ最近は、いかにもというイメージから普段使いには向かないとされるなど、少し捉え方が変わってきたように思います。
オシャレも多様化し、人と同じになりたくない個性重視の方、オリジナリティを大切に本当に好きなものを求める方が増えてきたせいでしょうか。

以前、「ダイヤモンドは永遠の輝き」「婚約指輪は給料の3ヶ月分」など、宝飾会社が打ち出した話題のキャッチコピーがありました。
財産としての価値も高く輝きや硬度のあるダイヤモンドは、婚約指輪にふさわしいとされましたが、高価であるのも動かせない事実です。
堅実に身の丈にあった暮らしを優先する若い世代が、むしろダイヤモンドにこだわらない選択をする傾向にあるようです。

また欧米には、祖母や母から譲り受けた指輪を花嫁が身につけると幸せになるという言い伝えがあります。この風習に日本人も刺激を受けるようになってきました。
娘、孫、息子の嫁に譲り伝える指輪がダイヤモンドである場合などは、あえてダイヤ以外を選び、贈る男性もいらっしゃいます。

ダイヤ以外に選ばれる代表的な宝石の種類

婚約指輪はダイヤモンドでなければという決まりはありません。
価値や輝き、硬度などから、ルビーやサファイアにも人気が集まっています。

女性の誕生石を使う人もいます。
12ヶ月の誕生石が持つ「言葉の意味」を大事にしたいという気持ちが、婚約指輪をより愛おしいものにするでしょう。

それぞれの想いやコンセプトを持った指輪選びで、贈る気持ちと受け取る気持ちが幸せに溢れることを願っています。

この記事を書いたプロ

西上哲男

西上哲男(にしがみてつお)

西上哲男プロのその他のコンテンツ

Share

西上哲男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0745-54-5685

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西上哲男

西上哲男ジュエリーショップ

担当西上哲男(にしがみてつお)

地図・アクセス

西上哲男のソーシャルメディア

google-plus
Google+

西上哲男のソーシャルメディア

google-plus
Google+

西上哲男プロのその他のコンテンツ