まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
中辻安則

家を守る建築板金のプロ

中辻安則(なかつじやすのり)

中辻正鈑金属興業株式会社

お電話での
お問い合わせ
0742-62-0761

コラム

銅板雨とい穴開き部分からの雨漏れ

板金工事 樋工事

2015年9月10日

銅板加工樋に穴が開いていて、その穴から雨水が漏ってくるとの事で、架け替え工事を行いました。



銅板樋に穴が開く理由は、酸性雨の為、和瓦の釉薬上薬の為、などなどが考えられます。
屋根瓦に降った雨水が瓦上を流れ、酸性化した雨水が銅板加工樋に当たり、銅板と化学反応を起こして銅板を薄くしていき、だんだんと穴が開いていきます。
穴の開く間隔は、和瓦から水が流れおちる瓦間隔になります。



20年から30年ほど前に取り付けた銅板の樋は、銅板に穴が開くなどと考えられていなかったので何の対策も取られていませんでした。今取り付けている銅板加工樋は穴が開くのを防ぐ対策として、雨水が流れる樋の内側に酸性雨対策塗料が塗られている材料で加工された樋や、銅板とステンレス板が熱融着された材料で加工された樋などを使用しています。
またステンレス板で加工した樋に塗装をほどこした樋を取り付けたこともあります。

今は銅板加工樋をそのまま取り付けることはありません。穴が開くことの対策を考え銅板加工樋の施工を行っています。










今回取り付けた樋は、銅板内側に酸性雨対策塗料が塗られている材料を使用し、また落ち口の要這アンコー部分は穴の開きやすい水落部分にステンレス板を貼りあわせています。
銅板加工樋は本当に美しい樋ですし、純和風住宅にはもっとも似合う樋だと思います。

明日の工事も、御安全に。

この記事を書いたプロ

中辻安則

中辻安則(なかつじやすのり)

関連するコラム

中辻安則プロのその他のコンテンツ

Share

中辻安則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0742-62-0761

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中辻安則

中辻正鈑金属興業株式会社

担当中辻安則(なかつじやすのり)

地図・アクセス

中辻安則プロのその他のコンテンツ