まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
中辻安則

家を守る建築板金のプロ

中辻安則(なかつじやすのり)

中辻正鈑金属興業株式会社

お電話での
お問い合わせ
0742-62-0761

中辻安則プロのコラム一覧

銅板加工樋の取り付け工事を行いました。銅板加工樋は銅板に穴が開くや、高価などの思いを持っておられると思います。銅板に穴が開く事には色々と原因がありますが、その一つが酸性雨の問題です。酸性化した雨水が降り、瓦屋根の上を流れ落ちるなかで瓦の上薬と反応し、その雨水が樋の銅板と反...

スレート波板葺き屋根の改修工事・葺き替え工事を行わせていただきます。改修工事方法は・既存屋根すべてをめくり、新たな屋根に葺き替える。同じスレートや鋼板加工材料などで屋根を葺く。・既存スレート屋根の上にカバー工法で新たな屋根材を葺く。 カバー工法にも色々な方法があり...

既存カラーベスト葺き屋根ですが、屋根からの雨もりがあるので確認を行いました。カラーベストに割れがあるのと、鋼板製棟包みの継ぎ手が、浮き上がっていました。それが原因で雨もりをしていました。今回は鋼板製横葺き材でのカバー工法で、修理することになりました。使用材料は、ニチハ株...

和瓦屋根での雨漏りの要因の一つが瓦谷からの雨漏りがあります。当社にも雨漏り修理依頼の半分が瓦屋根からの雨もりで、その多くが瓦谷が原因での雨漏りです。こちらの写真は銅板加工瓦谷に穴が開き、その部分に防水テープを張っての修理をされていました。穴がますます大きくなり雨もり...

銅板加工樋に穴が開いていて、その穴から雨水が漏ってくるとの事で、架け替え工事を行いました。銅板樋に穴が開く理由は、酸性雨の為、和瓦の釉薬上薬の為、などなどが考えられます。屋根瓦に降った雨水が瓦上を流れ、酸性化した雨水が銅板加工樋に当たり、銅板と化学反応を起こして銅板...

屋根換気システム今は建物新築工事また改修工事に関わらず、建物の換気システムの設置が建築基準法で義務付けられています。換気システムには、自然換気システムと動力機械を使った強制換気システムとがあります。当社は屋根面、特に棟部分に自然換気システム鋼板加工棟換気システムを取り付...

銅板を加工し、小さな社の屋根をふきました。屋根の葺き方に決まりはありませんが、仕上がりを見てバランスの悪い屋根にならないように注意して施工します。たてや横の板のつなぎ目部分が線になり表われ、その線が見た目に影響します。施工した職人さんのセンスですね。

樋工事を行いました。今回は銅板加工樋を使用し、取り付けました。まず初めに水上と水下の金物を取り付け、水糸を張り、それに合わせて金物を取り付けていきます。金物の取り付けをし、その後銅板加工樋を金物の乗せ、固定していきます。今回は雨水の流れる内面...

折板RD-88葺き屋根の改修工事を、カバー工法で行いました。既存屋根は、錆びがひどく、雨水が流れる屋根底部分に穴が開き、雨もりを起こしていました。今回は既存屋根を撤去すのではなく、カバー工法で改修工事を行いました。既存屋根の上に屋根改修用下地金物を取り付け...

屋根和瓦葺きの屋根ですが、屋根が交差する部分にある瓦谷の取り替え工事を行いました。もともとは銅板加工の瓦谷でした。銅板加工の瓦谷ですが、瓦からの水落ち部分で等間隔に丸い型の変色が見受けられます。この変色部分は、銅板が化学反応し、銅板が薄くなっているところです。...

瓦葺き屋根ですが屋根が交差する部分には、瓦谷があります。その瓦谷の工事を行うのは、自分たち板金屋です。今回はお寺の瓦谷を工事させていただきました。お寺の屋根は複雑な形をしているので、長さの長い一枚の材料では施工できません長さの短い材料をつなぐように取り付けて、屋根...

古い鋼板は、長年の風雨や傷、または経年劣化で錆びが出てきます。そのまま放置していると錆びがひどくなり、錆びが穴あきまで進み、雨もりの大きな原因になります。今回の建物も、カラー鋼板加工瓦棒葺きの屋根でした。錆びがひどくなり、そのまま手つかずの状態で、軒先(水下)部分では...

和瓦葺きの屋根で雨漏りの修理工事を行いました。屋根の谷部分(屋根が交差する部分)には、屋根瓦からの雨水を流す、谷樋を設けます。今回はその銅板に穴が開いていて雨もりを起こしていました。銅板を瓦谷に使用した場合、銅板に穴が開くことがあります。理由は多々ありますが、酸性...

2015-04-10

屋根カラーベスト葺きからカラーガルバリゥム(カラーGL)鋼板加工横葺き材への、屋根葺き替え工事一般的に住宅の屋根がカラーベスト葺きの場合、新築から8年から10年目ほどで屋根材の塗装工事を行われます。その後新築から15年から20年目ほどで屋根の葺き替え工事を考えられます。...

銅板加工樋は、内側(雨水の流れる面)に何も処理をしていなければ穴が開きだします。今はそのように穴が開かないように、特殊な塗料が塗られている銅板加工樋を使用するか、写真のようにステンレス板が内側に融着してある材料で加工された材料を使用します。どうして...

中辻安則プロのその他のコンテンツ

Share

中辻安則プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0742-62-0761

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中辻安則

中辻正鈑金属興業株式会社

担当中辻安則(なかつじやすのり)

地図・アクセス

中辻安則プロのその他のコンテンツ