マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(しんたにたかし) / Webコンサルタント

地元密着なび

コラム

新型コロナがらみの悪徳商法や詐欺にご注意を

2020年5月8日

テーマ:パソコン・ネット有効活用のコツ

コラムカテゴリ:ビジネス

新型コロナがらみの不安に乗じる輩がはびこっているようですので、いくつか紹介します。

 

▼SNSで近付いてくる「闇バイト」の勧誘


「コロナで生活苦だ」などとTwitterでつぶやくと、どこからともなくDMが来て、
「空き時間で簡単に稼げる副業に興味はありませんか」
と誘いがかかるのだそうです。

本当に空き時間で簡単に稼げる副業なら問題ないのでしょうが、実際のところは

・特殊詐欺の被害者から現金を受け取る係
・儲かる前に多額の初期投資が必要

など、稼げるのは誘ってきた相手だけです。
まかり間違っても耳を傾けないでください。

・「コロナで生活苦」つぶやくと誘ってくる闇バイト募集に注意
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00000009-pseven-soci

 

▼「新型コロナ」で相手を騙す特殊詐欺


特殊詐欺(旧:オレオレ詐欺)も、滅びるどころか進化する一方のようです。

※振り込む直前で気付いた30代の方の体験談
https://twitter.com/muilog3/status/1250914444789420032

普段なら「国や自治体は金を取りには来ても向こうから払ってくれるわけがない」と言えるのですが、今は給付金が色々と。

しかも、こちらが手続をすれば振り込んでくれることは、ほとんどの人が知っています。

詐欺師には大変だましやすい状況なのです。


給付金詐欺に引っかからない対策は、自分でさっさと特別定額給付金を申請することです。

しかしこの手も、

・マイナンバーカードを持っていない
・自治体によっては申請受付が始まってない

などの理由で封じられている人がいます。

たとえば京都市など大幅に準備が遅れている地域を狙って、
「特別に電話で給付手続の案内をします」
とか言って丸め込む事が想像されます。

これはもう「電話で言ってくるのは全部詐欺」くらいの心づもりでないといけないようです。

下記の記事もご一読ください。

・これが新型コロナ便乗「オレオレ詐欺」の会話パターン!…だまし話の導入部、最終局面に仕掛けられた罠に注意
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-11187287-maidonans-life

 

▼ホームページ5年リースやクレジット詐欺


「今のリース契約より支払額が安くなります」
「リース料相当額を全額キャッシュバックするので、御社の負担はゼロです」
「これもサービスでつけておきます」

などと甘言を弄して、ホームページやSEOのソフトを5年リースやクレジット契約で購入させる会社が今も暗躍しています。


※中小事業者の皆さんへ、安易にリースやクレジット契約を締結しないでください!!
http://nakatakahilo.cocolog-nifty.com/nakatakashi/2020/04/post-a06cf8.html


もちろん、上記の様な都合の良い話があるわけがなく、古いリース契約の残金は新しいリースに上積みされます。

サービスで付けられたはずの何かも、後でしっかり払わされます。


申込させる際には、普通の月極契約と誤解させようとしますが、5年リースはローンに極めて似ているため途中解約は至難です。

初めから訪問営業や電話営業などの相手をしないのが最善の予防策です。


本件については何度もメルマガで書きましたので、下記をご参照ください。

・「5年リース」の検索結果
https://www.localnavi.biz/?s=%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9+5%E5%B9%B4

 

これ以外にも、金品をだまし取る手口があるはずですので、くれぐれもご用心を。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(地元密着なび)

Share

関連するコラム