マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(しんたにたかし)

地元密着なび

コラム

Googleマイビジネスは自社でチェックしましょう

2019年6月27日

テーマ:検索エンジン対策(SEO)

Googleの検索結果やGoogleマップで近所のお店などを教えてくれるGoogleマイビジネスというサービスがあります。

※うちの近所で「整体院」を調べた結果

スマホで「整体院」を検索した画面


Googleが本腰を入れていることもあって、表示される店も増えて便利になっています。
しかし、そうなると群がってくる悪い会社も増えるのが世の常です。
 
 
たとえば、同業者が嫌がらせのために偽情報を掲載する被害はしばしば聞きます。

・勝手に「廃業」したことにされたり
・悪いクチコミを投稿されたり
・営業日時などを勝手に変えられたり

こういう事を防ぐには、週1回くらいご自身の屋号で検索して、検索画面に出る登録内容をチェックしましょう。
 
 
「うちはMEO会社に任せているから大丈夫」
という方、そちらはそちらで別の危険が指摘されています。

・悪質なGoogle Maps最適化(MEO)への依頼は大きなリスクがあります
https://ja.dev/entry/blog/tsuji/meo-evil

SEO会社に「SEOスパム会社」が混じっているように、MEOを請け負う会社にも「MEOスパム会社」が混じっています。

※MEO:Googleマップなどでお店を検索した時に自社を上位に表示させるための施策。
 
 
たとえば「ほげほげ整体院」があるとします。

このシンプルな屋号がGoogleマイビジネスでは

  > 医師も勧める●●県××市人気ナンバー
  > ワンの自律神経専門・ほげほげ整体院

と、屋号以外の検索語やキャッチフレーズを山盛りにして登録されてしまいます。

このキーワード山盛りの屋号は、これまでも規約違反ではありましたが、あまり問題にされていませんでした。

しかし、今年に入ってからGoogleが取り締まりを強化してきたために、

 利用者からの通報→情報の修正

が迅速に行なわれるようになっています。
 
 
キーワード盛り込みは、MEO会社に頼まず自力でマイビジネスに登録していてもやりがちな行為。
そのため、初回の修正で反省・改善すれば、問題にはなりません。

問題になるのは、

「くそ、勝手に修正された。削除されたキーワードを復活させておこう」

と、屋号に二度三度とキーワードを追加する行為です。

MEO会社によっては、登録されている屋号がシンプルに修正されたら「自動で」復旧するソフトを使っているようです。
 
 
そんなことをすると、どうなるでしょうか?

「仏の顔も三度」

ということわざの通り、何度も繰り返すと「わざと規約を無視している」と見なされます。

そしてMEOスパム行為を繰り返す店舗は、Googleマイビジネスから消されてしまいます。

せっかくいただいたクチコミも、もろもろの写真も綺麗になくなるのです。

再登録できても、ゼロからの出発になります。
 
 
そうならないためには、契約しているMEO会社が「屋号にキーワードを盛り込んでいないか」をまずチェックしましょう。

もしやっていたらキーワードを足すのを止めさせてください。
 
 
Googleマイビジネス対策は自分でするのが安全確実。そのために役立つノウハウを用意しています。
iPhoneのマップアプリ対策もあわせて紹介していますので、こちらをお役立てください。

・Google マップ上位表示ノウハウ
http://www.localnavi.biz/knowhow/googlemeo.html
 
 
Googleマイビジネスを自社で管理している場合も他社に委託している場合も、週に1度はどうなってるかをチェックしましょう。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(地元密着なび)

Share
関連するコラム