マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(しんたにたかし)

地元密着なび

コラム

3.気に入ったデザインがあるか?作れるか?

2.他のサービスに移転しやすいかどうか?の続きです。

3.気に入ったデザインがあるか?作れるか?


どのウェブサービスでもテンプレート(雛形)は数多く用意されています。

特にこだわりがなければ、良さげな(わかりやすい)デザインを見つけてホームページを作っていけば良いです。そもそも、この種のウェブサービスはそういう使い方を想定していますから。

しかし、「特にこだわりはない」と思っていても、いざテンプレート一覧を探してみると、気に入ったデザインが見つからない。
普通に起こる話です。

そこで多くの方は要求水準を下げて、「気に入らないところが一部あるけど、そこそこ好みや意図に合うテンプレート」を見つけようとします。

そして見つけた「そこそこのテンプレート」、デザインや機能をもっと良くするために手を加えられるかどうか。

ある程度のカスタマイズはできるでしょうが、自分の思うようにできるかどうか。

 

あるウェブサービスを使ってホームページを自作しようとした方から、

「かっこいいデザインを選んで手を加えていったら、なぜかドンドン格好悪くなってしまった」

という話を伺ったことがあります。

これは無理もない話でして、元々のテンプレートをデザインしているのは「デザインのプロ」です。
そのプロが「これでバランスが取れた状態だ」と判断した結果が、ウェブサービスで公開されているデザインです。

それに手を加えるということは、取れているバランスをひとまず崩して組み直すことになります。

プロの仕事に素人が手を加えるのですから、失敗する確率が高くなるのは仕方ありません。

 

デザインに関する選択肢は3つ。

・用意されているデザインで妥協する。
・用意されているデザインに手を加える。
・自分の思ったデザインを形にしてくれる人に頼む。

どれが良いかはご自身でお考えください。何を重視されるかは人それぞれですので。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

ホームページ制作の専門家

新谷貴司(地元密着なび)

Share
関連するコラム