まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作のプロ

新谷貴司(しんたにたかし)

地元密着なび

コラム

8月になって検索順位がガタ落ちした方へ

「8月に入ってからYahoo!検索で順位がガタ落ちした」

「今まで●●で1位だったのに3ページ目に」

「検索結果にトップページが出なくなった」

といった悲鳴をここ1ヶ月弱、あちこちで伺っております。
 
 
これは、7月末から8月初旬にグーグルが検索順位を決める基準(コアアルゴリズム)を大きく変更したためです。

※参照:グーグル検索アカウントによる公式発表(ただし英語)
https://twitter.com/searchliaison/status/1024691872025833472
 
 
大規模なコアアルゴリズム変更の後には揺り戻しが来るものです。
8月中旬までは順位が乱高下したり、消えたトップページが検索結果に復活したりしました。

そして、さすがに順位の変動も落ち着いたようです。
 
 
…しかし落ち着いた結果、順位が戻らないではまずいですので、順位を上げる可能性が高い対策を紹介します。
 
 

1.検索語にふさわしい内容かを吟味する


たとえば「斑鳩町 整体」で上位表示を狙っているのに、本文に「斑鳩町」が1つも入っていない。

これはいけません。

「タイトルには入れてあるよ」

という反論が聞こえそうですが、

・ホームページのタイトル
・ヘッダー部分
・横メニュー
・フッター部分

といった全ページ共通の部分よりも、ページごとに異なる【本文】の記述が重要です。

もちろん、昔のSEOスパムみたいに無節操に「斑鳩町 整体」という言葉をちりばめても無意味です。
ちゃんとした文章として言及しましょう。
 
 

2.上位表示させたいページにリンクを張る


たとえば「産後の骨盤矯正」ページを「斑鳩町 骨盤矯正」で上位表示させたいとします。

「産後の骨盤矯正」ページには、他のページからリンクを張るようにしましょう。

本文の下に「関連記事」や「こんなページも読まれています」という形で紹介する以上に、文中にリンクを入れる方がより良いです。
 
 

3.専門家アピールをして、信頼度を上げる


表題の通りです。具体的にはトップページや自己紹介ページで、以下のような事を。

・持っている資格(特に国家資格)を書く。
・専門家としての経歴や実績を載せる。
・同業や近い業種の方からの推薦文(HPやFBページ等へのリンクも載せる)
・お客様の声を載せる。書いてくれた方の素性も(斑鳩町・40代男性)くらいは載せたいです。
・マスコミなどでの紹介実績も載せる。
・雑誌などに文章を寄稿した実績も載せる。自著は特大級に載せましょう。
・自分が登壇したセミナーなども載せる。

4.よそからのリンクが今までより大事に


「コンテンツが重要。被リンクは過去の遺物」

というのが、ここ数年のSEOの流行でしたが、今回の変更でよそからのリンクの重要度が上がった模様です。

とはいえ、リンクもある程度の質は必要ですので、「3」で書いた

・同業の方への推薦文

をよそのHPに載せるとか、

・有益なブログ記事をSNSで紹介してもらう

などの算段が必要です。
(と書くのは簡単ですが実践が難しい…)
 
 

5.根拠付けに信用できるページへのリンク


先の「よそからのリンク」とは逆に、よそへのリンクも張りましょうという話です。

SEOにある程度詳しい方だと、
「よそのホームページにリンクを張ると、リンクジュースが流出して悪影響が…」
という話を聞いたことがあるかも。

忘れてください。

自分の意見や主張に説得力を持たせるためにほかの人(特に権威がある人)の主張やデータなどを持ち出すのは普通にあります。

まともな主張やデータをまともなやり方で持ってくる限りは良いことです。

では、自分のホームページでそれをやって悪い理由があるでしょうか?

実際「よそからのリンク」だけでなく、「よそへのリンク」も検索順位の評価対象になります。

できれば、

・大学などの研究機関
・公的機関や団体
・各種の学会
・病院(医療・健康分野の場合)
・製薬会社(医療・健康分野の場合)

などが良いです。

ウィキペディアは、油断していると書き換えられたりするので扱いに注意が必要です。
 
 

6.Googleマイビジネスに注力しましょう


特に「地名+整体」で、上位に今まで以上に

・エキテン
・HOT PEPPERビューティー

などの紹介サイトが目立っています。

それに対して、個々の整体院ホームページの表示数が減っているように見受けられます。

これは、地元で開業しているところは、Googleマイビジネスを使ってほしいという意向なのかもしれません。

また、通常の「地名+整体」などで順位が落ちても、Googleマイビジネスでは上位に出ている施術院様もあります。

グーグル検索が集客の頼みになっている方は通常検索だけに頼らず、マイビジネスにも注力しておきましょう。
 
 
これらの情報がお役に立てれば幸いです。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

新谷貴司(しんたにたかし)

新谷貴司プロのその他のコンテンツ

Share

新谷貴司のソーシャルメディア

rss
アメブロ
2018-11-17
twitter
Twitter
2018-12-08
facebook
Facebook