まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作のプロ

新谷貴司(しんたにたかし)

地元密着なび

コラム

HP・ブログ等も改正医療法の規制対象に?

HP・ブログ等も改正医療法の規制対象になる見込みです。


・医療法改正のウェブサイト規制「Twitterやブログも対象にする方針」 範囲めぐり議論
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/iryo-ho-kaisei-taisho


規制の準備として、10月4日に

『医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会』

という会合が開かれて、そこで何をどう規制するかが検討されたようです。

そこで規制の対象候補として出てきたのが、以下の媒体です。


・ホームページ
・メールマガジン
・ブログ
・Twitterなどソーシャルメディアアカウント
・バナー広告やリスティング広告
・病院の口コミサイト(特に、ランキング
形式のアフィリエイトサイト)



元々は「誘引性」「特定性」「認知性」の3つが揃っている場合だけが規制対象でした。


・誘因性:
広告を見た人を病医院で受診するように誘う内容になっている。


・特定性:
一般論ではなく、特定の医療機関を勧める内容になっている。


・認知性:
こちらが特に調べたり探したりしていないのに、テレビCMや看板・折込チラシのように広告が勝手に目に入ってくる。



ところが今回の改正で、規制の対象にするかどうかを決める基準から「認知性」が外れます。

そのため、これまでは規制の範囲外だった病医院のホームページやブログ、Twitterなども医療法で規制されるようになります。


恐らく、医療機関ホームページは、来年の6月までに見直しが必要になるかと。



そうでなくとも、今年8月に厚生労働省がこんな通報ページを作っています。


・医療広告ネットパトロール
http://iryoukoukoku-patroll.com/


一般の方が、貴院ホームページを見て通報する可能性がないと言い切れるでしょうか?


下記2つのガイドラインを通読されて、ご自身のホームページや広告などが引っ掛からないかどうかご確認ください。


・医療広告ガイドライン(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/kokokukisei/dl/shishin.pdf

・医療機関ホームページガイドライン(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002kr43-att/2r9852000002kr5t.pdf



「適切な選択の支援」と「利用者保護」のバランスで、どういう落としどころになるか。

> 「誘引性」が問題なら広告だけでなくSEOも
> 問題になるはず。

という、SEOの権威のコメントすらあります。
https://twitter.com/tsuj/status/916166475613921280

どこが落としどころになるのでしょうか?
ガイドラインが公開されるのを待ちましょう。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

新谷貴司(しんたにたかし)

新谷貴司プロのその他のコンテンツ

Share

新谷貴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0745-43-8678

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷貴司

地元密着なび

担当新谷貴司(しんたにたかし)

地図・アクセス

新谷貴司のソーシャルメディア

rss
アメブロ
2018-06-29
twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook

新谷貴司のソーシャルメディア

rss
アメブロ
2018-06-29
twitter
Twitter
2018-09-19
facebook
Facebook