まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
新谷貴司

ホームページ制作のプロ

新谷貴司(しんたにたかし)

地元密着なび

コラム

洋画の日本版ポスターはなぜダサいのか、そしてそれって悪いの?

広告・宣伝

2015年12月10日

最近、海外の映画ポスター(の日本版)がダサい、という話題をちらほらと見かけます。


・バードマン
https://twitter.com/orange21807991/status/570392523912249344

・アベンジャーズ2
https://twitter.com/kiryu_soy/status/590875888360624128

・白鯨との闘い
https://twitter.com/P765p/status/668367866421374976


実際、米国版と日本版とを虚心に見比べると、確かに日本版はダサいです。
いったい日本の配給会社や広告代理店は何を考えているんだ、と思いたくなります。



でも、本当に日本の配給会社や広告代理店は何にも考えずに、独自センスで映画ポスターをダサくしているんでしょうか?
そこには歴とした意図があってのことなんじゃないでしょうか?

…といった話が、下記のまとめでされています。

・洋画の海外版ポスターが日本のポスター職人にかかるとダサくなる! こういう理由でダサくなるのでは?
http://togetter.com/li/904008


もちろん、上記の推察は「私はこう思う」ですので本当に正しいかどうかは分かりません。
ただ、この推察を読んで思い出したことがあります。


セールスレターや広告の作り方を書いた本(特にアメリカ人が書いたもの)でしつこく書かれているこんなことがあります。

>   顧客の無知ぶりを過大評価して失敗した人は1人もいないが、
>   お客様の教養を過大評価して失敗した例は数え切れない


「これくらいは知っていて当然だろう」
「これは説明しなくても大丈夫なはず」
「噛み砕いて書いたらバカ扱いしてるとそっぽを向かれそう」


こういう考えを、お客様を知的水準で豪快に絞り込みたい時以外に実行してしまうと愕然とする羽目になります。



もう一つ、楽天市場でよく見かける、やたらめったら長々くどくど図表やら写真やら派手な文字やらが書いてある販売ページ。

あれも、楽天を使わない層からは

「あんな長ったらしいページ、誰がちゃんと読むんだ?」
「開いた瞬間に閉じるか戻るかするわ」

などと悪評紛々ですが、実際に商品が売れるからああいうページがあっちでもこっちでも作られるのです。



チラシなどをかっこいいデザインにしたら売れる、というほど単純な話ではありません。

ホームページでもチラシでも、かっこいいデザインにすると、

「読んでほしい箇所を強調する」
「十分な情報を盛り込む」

ことが出来なくなりがちです。ご注意ください。
 
 
 
なお、洋画の日本版ポスターが、A/Bテストなどで調べた結果、ああいうデザインになっているのかどうかは分かりません。

ご相談ご依頼を承ります

■ホームページ制作・リニューアル
■ウェブ集客のサポート・アドバイス
■既存ホームページのスマホ対応

この記事を書いたプロ

新谷貴司

新谷貴司(しんたにたかし)

新谷貴司プロのその他のコンテンツ

Share

新谷貴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0745-43-8678

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷貴司

地元密着なび

担当新谷貴司(しんたにたかし)

地図・アクセス

新谷貴司のソーシャルメディア

rss
rss
2018-06-29
twitter
twitter
2018-08-13
facebook
facebook