まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
池渕泰正

供養の心を形に、お墓作りのプロ

池渕泰正(いけぶちひろまさ)

池渕石材工業株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-86-1481

コラム

「お墓」の値段の三区分

2018年1月29日

お墓の値段について

お墓を買おうとされる方が迷われることは、いろいろあるとは思いますが、最も気になる要素のひとつとして、やはり値段があると思います。
お墓は日本全国多種多様ですので、一般的な相場はこれくらい、と指南することはちょっとできません。
地域的な違いというのもありますので、具体的な費用については地元の霊園や石材店などに、直接当たってみるのが最善でしょう。
ここでは、具体的な値段というよりも、「お墓の値段」を構成する、主要な三要素についてご説明したいと思います。
永代使用料・管理料・石材費がその三つです。
順に取り上げていきましょう。

永代使用料

これは簡単に言ってしまうと、お墓を建てるための土地について支払う費用です。
注意していただきたいのは、「使用料」という表現からもわかるように、ここで問題となるのはその土地を墓地として使用する権利であり、土地そのものの所有権についての契約ではないということです。
ごく例外的なケースを除いて、「墓地を買う」という場合に対象となるのは、その土地を代々お墓として使用するための「永代使用権」になります。

これは土地を占有することへの対価ですので、それこそ相場は地域によって変わってきます。
大まかに言えば、都会では高く、地方では安い、ということになりましょうか。
一例として、我々が主に仕事している奈良市の市営霊園の場合をご紹介しましょう。
寺山霊苑というところで、区画の立地によって三種類に分けられていますが、最も高いA区分の場合、1㎡につき19万2千円。
こちらは間口2m×奥行2mの4㎡区画が基本ですので、A区分一区画の永代使用料は76万8千円となります。

これは墓地・霊園の管理者に対して支払うべき費用です。

管理料

次に墓地の管理料というものがあります。
墓地というのも、施設としてきれいに維持していくためには、掃除や補修などにかかる費用が必要となってきます。
そういった施設としての維持管理に資するために、個別の使用者が支払うのがこの管理料です。
要はマンションやアパートの共益費のようなもの、と思っていただければいいでしょうか。
だいたいどこの墓地・霊園でも、年間数千円から一万円程度だと思います。
毎年毎年の支払いのところもあれば、五年くらいを単位に一括払いができるところもあります。
これも墓地・霊園の管理者に対して支払う費用です。

石材費

最後に、お墓にする石そのものの値段があります。
永代使用契約を交わして、墓地を手に入れたなら、今度はその土地にお墓を建てることになります。
要はそのお墓本体にかかってくる費用ですね。
これまた値段は千差万別ですね。
まず石の種類によって値段が大きく異なってきますし、お墓の大きさによって使用する石の量も変わってきます。
われわれの場合ですと、実際に墓地を拝見して、お客さんのご要望を聞きつつ、その墓所にマッチしそうな図面を書き、何種類かの石で御見積を出すということになります。
実際にどれくらいの値段になるか、ということは近くの石屋に行って尋ねていただくのが、最も確実で早いと思います。
こちらは石屋・石材店に支払う費用ということになりますね。
ちなみに、これこれのお墓一式で○○万円という場合、通常は施工にかかる費用も含んでいると思いますが、これも個別の石材店に確認していただくのが間違いありません。

以上三つが、お墓にかかる費用の主要な三要素となります。

この記事を書いたプロ

池渕泰正

池渕泰正(いけぶちひろまさ)

池渕泰正プロのその他のコンテンツ

Share

池渕泰正プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-86-1481

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

池渕泰正

池渕石材工業株式会社

担当池渕泰正(いけぶちひろまさ)

地図・アクセス

池渕泰正プロのその他のコンテンツ