まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
中尾里香

自分の価値を認めることで悩みを解決するプロ

中尾里香(なかおりか)

カウンセリングルーム 風舎

中尾里香プロのご紹介

自分のありのままを認めることで、良好な人間関係を(3/3)

箱庭について説明する中尾里香さん

言葉で表せないことはアートを使って分析します

 中尾さんのもとに相談にやって来られるのは30歳から40歳代の方が多いのですが、若い方も増えています。
 「若い方は経験やボキャブラリーが少ないので、悩みを言葉で表しにくいので、箱庭や絵カードなどを使っています」
 箱庭は箱の中に砂があって、砂や周辺の動物や車などのアイテムを用いて表現する道具です。砂で山を作ったり、池を表現したりできます。
 「アートには二つの効果があります。言葉にならない内面を表現することができてすっきりすることと、心の奥に潜んでいた気持ちに気づき解決へ向かうことです。作る過程を観察し、質問などをしてひもといていきます」
 最近は、不登校に悩んでいるお子さんを持つ母親、あるいはお子さん自身からの相談依頼もあります。お子さんの今まで言葉にならなかった気持ちや思いも、アートを通してなら本音を引き出し、母親に伝えて関係を改善することができるそうです。

 「自分は認められているということを実感してほしい。自分を大切に幸せに生きるために」と中尾さんはカウンセリング活動を通して願っています。それでも悩みはなかなか他人に相談しにくいものです。
 「カウンセリングは、よほどせっぱ詰まった状態じゃないと受けられないというものではありません。厳しい状況の中頑張れている時でも、そのしんどさを話し、受けとめてもらえるだけで、心は軽くなります。そんな『心のエステ』として受けてもらうこともできます」と中尾さんは呼びかけています。
(取材年月:2017年9月)

3

中尾里香プロのその他のコンテンツ

Share

中尾里香プロのその他のコンテンツ