まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
中尾里香

自分の価値を認めることで悩みを解決するプロ

中尾里香(なかおりか)

カウンセリングルーム 風舎

コラム

自己肯定感を育むために必要なこと

自分を認める

2017年11月10日

今回は、「自己肯定感」を「育てる視点」から紐解きます。

子どもは誉めて育てなさいと、よく言われます。
叱ってばかりいると、自己肯定感が育まれません。誉めることで自己肯定感を育みましょう。
というのですが、それはどうかなと、わたしは思います。
間違えたら叱る、よくできたら誉める。シンプルに、それでいいと思うのです。

叱ることも誉めることも、同じくらい大事です。叱ってばかりも誉めてばかりも、偏っているという点では同じです。偏っていると不具合が生じます。
叱られてばかりいる子は、自分がダメだと思い込んでしまうというのはわかりやすいですね。それとは逆に、誉められてばかりいる子は自分はスゴイと思い込む・・わけではありません。誉められる自分でなければダメだ、と思い込んでしまう可能性が大きいのです。

ええっ?じゃあ、自己肯定感を育むには、どうしたらいいの!

お答えします。

自己肯定感を育むためのキーワードは「赦す」です。
失敗したときに「赦す」、間違えたときに「赦す」、ダメなときに「赦す」
失敗したとき、間違えたとき、ダメなことをしたとき、叱ったり言ってきかせたりすることは大切なことです。
その上で、大丈夫だよと赦すことです。
同じ失敗、同じ間違いを何度もするかもしれません。その都度、赦せばいいのです。

失敗したけど大丈夫
間違えたけど大丈夫
ダメだったけど大丈夫
叱られたけど大丈夫

生きるということは、失敗もするし、間違えることもあるし、ダメだったりすることもあります。
そんな、不完全な自分で大丈夫。生きていける。
この実感を繰り返し持つことが、自分は自分で大丈夫という、自己肯定感につながっていくのです。

この記事を書いたプロ

中尾里香

中尾里香(なかおりか)

関連するコラム

中尾里香プロのその他のコンテンツ

Share

中尾里香のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-19
facebook
Facebook

中尾里香プロのその他のコンテンツ