マイベストプロ奈良
北岡千佳

ヨガを通して明るく前向きな気持ちに導くヨガインストラクター

北岡千佳(きたおかちか)

ヨガ教室 Fresh

コラム

安全な後屈で代謝アップ!気持ちを前向きに!

2019年3月6日 公開 / 2019年9月1日更新

テーマ:アーサナ

呼吸は身体の限界を教えてくれる

ヨガの基本、呼吸。
今回は呼吸を使って安全な後屈のポーズをご紹介します。

腹式呼吸が出来るということは
身体に無理な負担がかかっていないと言うことです。
反対にいうと無理な姿勢のポーズでは呼吸が出来なくなってしまうので、腹式呼吸は行き過ぎたヨガのポーズをしない様、身体を守ってくれているんですね。
分かりやすい例が後屈です。
今日はらくだのポーズをご紹介しますが、実践される場合は最後までご覧になってからお願いします。
※腰に痛みや違和感がある場合、怖い場合は無理をしないでください。


代謝アップ!らくだのポーズ


身体を後ろに倒そうとするとこんな形に。

ただ後ろへ倒そうとすると、コア(◯)の部分が使えず、腰への負担が大きく重く感じ、呼吸がとまってしまいます。


正しくは、胸を開くように、胸椎からの後屈を意識しましょう。

膝、つま先、かかとはブレない様にしっかりと安定させます。
コアを固定、お尻の穴をキュッと締めます。(コアの安定=尾骨を下げ恥骨を胸の方へ上げる。反り腰にならないようにしましょう)
力が入りにくい場合はブロックやクッションを太ももの間に挟みます。
それから、胸を開くように肩甲骨を背骨に近づけます。
肩はリラックスして、呼吸を繰り返します。


比較してみると…



わかりますか?
下の方は◯のコアの部分が安定してないですよね。上のように背中全体に柔らかいカーブがつくようにします。

何度も言いますが、腰が痛い場合、違和感がある場合は無理をしないでくださいね。
怖い場合は腰に手を添え、胸を開いて、軽く天井を見上げるだけでもOK!

終わったら必ずチャイルドポーズを入れましょう。




まとめと準備運動


・土台を安定させる
・コアを使って
・胸を開くように
・肩甲骨を寄せ合わせるように
・肩の力は抜いて
・呼吸を吸える範囲で
後屈をしましょう

準備運動

・肩甲骨を回す
・胸を開く
・キャットアンドカウ
・ツイスト
・首回し

上半身(胸回り、腰、背中、肩)をしっかり解してから行いましょう。

後屈は柔らかな形がとても魅力的で、
このラクダのポーズは
・代謝アップ
・コアの強化
・肩回りのストレッチ
・気持ちを前向きにする

などの効果が期待できますが、苦手な方も多いポーズではあります。
無理をせず、出来る範囲ではじめてくださいね。

素敵なyogalifeを♡

Fresh
代表 北岡 千佳

TEL:090-5972-8771
MAIL:fresh.enjoyyoga@gmail.com

[ http://fresh-yoga.strikingly.com] 

この記事を書いたプロ

北岡千佳

ヨガを通して明るく前向きな気持ちに導くヨガインストラクター

北岡千佳(ヨガ教室 Fresh)

Share
関連するコラム

北岡千佳プロのコンテンツ