まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
北岡千佳

ヨガを通して明るく前向きな気持ちに導くプロ

北岡千佳(きたおかちか)

ヨガ教室 Fresh

コラム

受け入れる先にあるもの。自分軸。

2018年10月30日 / 2018年11月13日更新

 ヨガでは何故心と身体の繋がりを意識するのか?


 どうして今の時代ヨガが必要なのか?

 
 
 

受け入れる。手放す。


 ・受け入れる → 自分の感情を一ずつキャッチする
・ 手放す   → 湧き上がった感情をいったん抑え、呼吸・アーサナに集中する

 今回は分かりやすく「辛い時をヨガで乗り越える」をテーマに考えていきたいと思います。
 嫌なことがあった、悩み事を抱えている、何かにモヤモヤしているが原因が分からない時などをイメー ジしてみてください。
 先ほどの受け入れるという行為をここでみていくと何か辛いことがあったとします。
 ヨガの瞑想中宇、否応なしにその時のネガティブな感情が湧き出てくるでしょう。
 湧き出てくるということは、感情を整理するチャンスです。

 そんな時はこの順番で対処していきましょう。

 ① 受け入れる → 感情を一つずつキャッチする。どんな感情でもいいです。悩み事に関して思ったこと、もの凄く自己中心的な感情でもいいので、自分はこう思ったという現実を客観的に把握します。

 ② 手放す   → 呼吸・アーサナに集中しましょう。
 ネガティブな感情は度々出てくるでしょう。しかし、ヨガの最中は呼吸、吸って、吐くのタイミングと動きを合わせていくことでご自身の身体に意識を向けていきます。
 

ここからが大切!自分軸



 ③一人で感情に向き合う
 ヨガが終わった後、頭の中が悩み事でいっぱいだった状態からクリアになる、もしくは少し余裕ができた状態になります。①で出てきた一つ一つの感情と向き合い、そうしてそう思ったのか、何が原因なのか、そして解決策を考えます。

 ④自分軸の構築
 ①~③を繰り返すことで、自分と向き合うこと、そして手放すだけでなく、手放せたことで考える、考えることは自分自身の
 考えを持つことに繋がります。
 ここまでくると、自分というものがはっきりとあるので、周りに流されない、そして自身なりの自分との付き合い方、そしてコントロールの仕方が身につきます。


癒しに頼りすぎない


ストレスの多い現代社会には必ず癒しが必要です。
ヨガもその一種。
心身と向き合い今を感じることで、脳を休めます。
しかし、今の時代私たちはストレスから逃げることは出来ません。
癒しは次に頑張るために存在します。
ヨガをしたら心が落ち着くと考えるのも一つの手ですが、私はその先の”自分軸”を見つけることこそが本当の目的であると考えます。 






ヨガをする時間がない方も自分の時間を作ってみてください。
眠る前でもいいのです。
目を閉じて呼吸に意識を向けて、気持ちを落ち着かせる。
ネガティブな感情が湧き上がったらその感情と向き合ってみてください。
ヨガをするから感情のコントロールが出来るわけではありません。
何をするにしても最終的には自分自身でどうするか?そこが大切なのではないでしょうか。

Fresh
代表 北岡 千佳

TEL:090-5972-8771
MAIL:fresh.enjoyyoga@gmail.com

[ http://fresh-yoga.strikingly.com] 

この記事を書いたプロ

北岡千佳

北岡千佳(きたおかちか)

関連するコラム

北岡千佳プロのその他のコンテンツ

Share

北岡千佳プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5972-8771

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北岡千佳

ヨガ教室 Fresh

担当北岡千佳(きたおかちか)

地図・アクセス

北岡千佳プロのその他のコンテンツ