まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
栁考夫

Molding & Aging モルタル造形とエイジング塗装のプロ

栁考夫(やなぎたかお)

株式会社KOKEN

コラム

建築、リフォーム等を検討中の方は、早目の段取りで消費税率UPに備えましょう!





2019年10月から消費税率10%への引き上げが予定されています。

建物の建築、リフォーム、修繕、改修など、工事代金にかかる消費税率も10%に引き上げとなります。
原則として、2019年10月1日以後に工事が完成して引渡した場合、税率10%が適用されます。
今までより余計にかかるのはたった2%ですが、建物工事代金額の2%は大きいですよね。
ここで注目すべきは、「原則として・・・・・税率10%適用」ですから、原則以外の例外があるという点です。
そこで今回は、余計な2%分を節税できるケースをご紹介します。

① 9月30日までに工事完成して引渡しを受ける!
工事の内容、規模にもよりますが、早く工事が完成するよう早目の計画と準備、手配が必要です。
2014年の引き上げ(5%→8%)の時もそうでしたが、今回も工事の駆け込み需要が予想されます。

② 10月1日以後の引渡しとなる場合でも、3月31日までに契約していれば消費税率 8%!
完成までに長期間を要する工事については、経過措置が設けられています。
ただし、4月1日以後に追加工事が発生した場合、追加分については引渡し日の税率適用となります。
この場合も、早目に計画、着工することで追加工事の発生を早期に予見できる可能性があります。

いずれにしても、建物の建築、リフォーム等を検討中の方は、早い段取りが絶対お得です。

余計な2%を節税して、その分で素敵な造形など、、、いかがでしょうか。

KOKEN スタッフまで お早目に お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

栁考夫

栁考夫(やなぎたかお)

栁考夫プロのその他のコンテンツ

Share

栁考夫のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2017-10-20
youtube
YouTube
2018-11-22
facebook
Facebook
google-plus
Google+

栁考夫プロのその他のコンテンツ