まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ長崎
栁考夫

Molding & Aging モルタル造形とエイジング塗装のプロ

栁考夫(やなぎたかお)

株式会社KOKEN

コラム

モルタル造形・エイジング塗装講習会

モルタル造形・エイジング塗装

2015年7月6日 / 2015年7月7日更新









最近、インターネットや書籍を見て、または実際にテーマパークや洋風の店舗等を見て、自分の家や庭に外国の風景を取り入れたいと思う方が増えているようです。

弊社にもそんなご依頼が続いています。
KOKENでは、従来よりウェザードクゥルール(モルタル造形、エイジング塗装)を施工させていただいておりますが、より幅広いニーズにお応え出来るようアート職人達も研修を重ねています。

今回は6月25日~28日の期間、東京で開催された講習会に参加して来ました。
講師はディズニーランドやUSJなどのテーマパークで現在も活躍されている先生方です。

今回の講習会のテーマは「プリック&プラスター」
ブリック【brick】はレンガ(煉瓦)のこと、プラスター【plaster】は建築の壁面塗装や彫塑的装飾物をつくるときに用いられる塗壁用材料で、最も古い建築技術の一つ。エジプトのピラミッドやギリシァの建築などにも用いられたものです。
カービング特性(モルタル彫刻性)に優れた造形専用モルタルを用いることで、中世ヨーロッパの石積やプロバンス・コッツウォルズ地方の街並み、レンガ作りの建物など、いろいろな夢をモルタル造形で表現できます。

ブリックはよく見かける素材でモルタル造形でもよく行われています。
弊社へも「外壁をレンガ造り風に」というご注文を多くいただいています。

一つ一つのブリックを作り、表面、目地、端部の修正等を丁寧に繰り返します。
ブリックの形が出来たら次にプラスターを被せていきます。
ベースカラーで塗色した後、エイジング塗装で仕上げていきます。

KOKEN得意の擬木、擬岩、擬石と今回の「プリック&プラスター」を組み合わせることで様々な表現が可能となります。

現在もあちらこちらの現場でウェザードクゥルール施工中です。
今後も施工風景とビフォーアフター写真をアップしていきますのでお楽しみに!

この記事を書いたプロ

栁考夫

栁考夫(やなぎたかお)

栁考夫プロのその他のコンテンツ

Share

栁考夫プロのその他のコンテンツ